明和電機 – Maywa Denki

四つの芸術製品シリーズ ART SERIESとは



 

明和電機の四つの芸術製品

明和電機の「芸術製品」の開発はまず、世界に対する疑問や、好奇心から生まれた、自分の中の新しい常識、「ナンセンス」の発見から始まります。この「ナンセンス」は、エネルギー産業における「資源」に似ています。そこで「芸術資源」と呼ぶことにします。

はじめは漠然と発見された「芸術資源」であるナンセンスを、リサーチや、たくさんのスケッチを描くことで明確にします。そして、さまざまな素材や機械加工技術を使って、現実世界に発掘していきます。この作業によって「芸術資源」は「芸術製品」へと、転換されます。 取り出された「芸術製品」たちは、似たもの同志が集められ、最後は「シリーズ」としてまとめられます。

こうして生まれた芸術製品は、現在大きく四つのシリーズに分類されます。「自分とは何か?」をテーマを、魚というシンボルで表現した「魚器(NAKI)シリーズ」。100Vで動くナンセンスな電動楽器「ツクバシリーズ」。“声”の持つ「仕組みと呪術性」を機械で表現した「ボイスメカニクスシリーズ」。そして「女性とは何か、生物的なメスとは何か」をテーマに花をモチーフとして表現した「EDELWEISSシリーズ」。「EDELWEISSシリーズ」は、現在明和電機から独立し、土佐信道のプロジェクトとして進行しています。

こうした四つの芸術製品たちは、それぞれまったく異なる「芸術テーマ」を持っていますが、それぞれが有機的につながっており、いわばひとつの大きな「ナンセンス・マシーン」としてとらえることができます。

 

 

Four Product Lines of Maywa Denki
Maywa Denki has invented and developed various nonsense machines based on four artistic themes.

 

1   Voice Mechanics Series
A series in which the functionality and magical power of voice are reproduced by machines

2   EDELWEISS Series
A series in which flowers are used as a motif and “What are females like? (search for ideal females)” as a theme

3   NAKI Series
A series in which fish is used as a motif and “Who am I? (search for self)” as a theme

4   Tsukuba Series
A series of unique 100V powered electric musical instruments

 

All of these products are “artistic” products that are the only one of their kind in the world as well as prototypes that serve as the driving force in the activities of Maywa Denki.

Now, please enjoy the fantastic world of Maywa Denki Nonsense Machines