ライブ!ライブ!ライブ!

 


 


「 むかしライブで楽器がショートして、ステージが停電したことがあった。 


  まったく動かない楽器たちに囲まれたこの瞬間ほど、


  明和電機らしいステージはなかった。


                          土佐信道(1967~)」


 


 


 



 


 


今日は、製品デモンストレーション、通称「ライブ」です。


美術館は、人!人!人!


 


 



 


 


ステージを沸かした、岡山の「天才ギター少年」。


 


眼鏡ロックを彷彿とさせる、ラフなスタイリング。


ゲームで鍛えた指から繰り出す、スイッチの連打。


会場は熱気に包まれる。


 


最後はこの少年、「け!スイッチかよ!」という捨てゼリフを残し、


消えていったのでした。


・・・・・カッコイイ。


 


 



 


 


 


広島から駆けつけた噺家、森林さん。


エコロジーをテーマにした社長とのシュールな即興漫才が、いきなり始まる。


(写真 : 「どーも、すいやせん」を20回も連呼する森林さんに、戸惑う社長)


 


 



 


 


「友達の輪!」をなぜか今ごろ、社長が連発。


それについてくる岡山市民のみなさん。


 


ノリが本当にいい岡山のみなさんでした!


(文中、一部フィクションを交えて、お送りいたしました。)


 

ライブ!ライブ!ライブ!” への1件のコメント

  1. ナンマシ展、トークショー・・・
    初めてづくしでした。
    どこか懐かしい感じがして凄く
    楽しかったです!
    トークショー本番前では、
    バックで流れている映像で
    腰を振って踊っている社長とその前で静かに作業している社長。
    演出かと思う程ギャップが素晴らしい空間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。