MAKE 東京に行ってきました。

ツイッターで、「MAKEなう」と書いたら、
「なんに負けたんですか?」という返信がありましたが、
いえいえ、負けたんではありません。

MAKEという、手作りマシンラブなピープルが大集合する
イベントにいってきたのです。

ちなみに「マシンラブ・ピープル」が集まるイベントは、
有名なところでMAKEのほかにengadget があります。

engadget・・・・弥生人
MAKE・・・・・・縄文人

という印象が僕にはあり、
以前ブログで、engadget に集まるタイプの男性の絵を描きました。

Engadget_man

すると、 boing boing というサイトで、それをもじって、
MAKE人がアップされたんですね。

Ta4j77

わはは。そうそう、こんな感じです。
アメリカのMAKEに集まる人のイメージ。

ところが、本日、MAKE東京に行ったところ、
縄文人タイプの方はぐっとへり、

「手芸系女子」や、「ミク食系男子」が増えていたんですね。

やっぱり日本だなあ・・・・と思いました。
イベントは過去最高の出展数で、もりあがっておりました。

明和関係のみなさんや、なつかしい方々にもお会いし、
みなさん、がんばってるなあ、作ってるなあ、と
うれしくなりました。

ぜひぜひ、お暇がありましたら、いってみてください。
日常ではない、おかしな空間ですから。
新鮮ですよ!
















MAKE 東京に行ってきました。” への3件のコメント

  1. そうですか、現代日本テイストに変貌していたのですねMake。
    ただ、そのおかげか、初めて行った専門知識のない私のような者も入りやすい雰囲気でした。
    手芸系の辺りは、私も何か出来るかな、作り出してみたいって気になりましたし。
    各ブースを、いろいろ質問しながら廻るのは楽しかったです。
    この空気、結構好きです。 
    なんだかオモケンに通ずる空気を感じました。
    次回も行ってみたいと思います。
    社長のつぶやきから、このイベントを知ることが出来て、面白いものを見ることができました。ありがとうございました(*^^*

  2. 狩猟メインと思われていた縄文人も実は農耕中心だったという話もあるくらいですから、日本人は結局農耕民族なんです!
    …という話じゃないですね。
    たしかに、海外のMAKEの様子は、マッチョなマッドですけれど、日本のMAKEは手芸女子+初音男子な印象でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。