オタマトーンのメタルバージョン

Otama_metal

今日は、突然、オタマトーンの「ヘビメタ・バージョン」が作りたくなった。
で、まずは形から、ということでロゴを制作。

・・・・・んー、オタマトーンのかわいい顔からは、ほど遠い世界だな。

でも、そのギャップが見たいので、制作開始。
ステージのミニチュアセットも作るので、それを収める箱を作ったり、
東急ハンズにいって、コスチュームの素材を探したり。

オフ会で、発表します。
ヘビーなオタマトーンの世界。

ちなみに、このほかにも

「ディスコとオタマ」
「テクノとオタマ」
「演歌とオタマ」
「クラッシクとオタマ」
「HIPHOPとオタマ」

を制作予定。
こちらの完成品は、12月4日より、ラフォーレ原宿1F 「WALL」にて
展示いたします。

お楽しみに!

さて、このヘビメタオタマを作るために、YOUTUBEでメタル動画を

たくさんみたんですが、やっぱり素敵ですね。様式美の世界。

先日、知り合いの方が、

「ヘビメタをやる人は、演奏技術がすごいのは当たりまえ。

 その確固たる技術の上に、分りきった様式美をあえて作り上げる。

 これは日本の演歌に通じる」

と、おっしゃってました。なるほど。

たしかにドラムの基礎練習、すごいからな、ヘビメタ系の人。

ツーバス(大太鼓、二つ)をキックする練習とか

楽器演奏というより、少林寺の足技鍛錬に近い。

北島三郎も、演歌の練習で、岬で海に向かって絶叫してた

というからな。やっぱり、楽器には鍛錬がよく似合う。

オタマトーンも、けっこう、腕の筋肉、パンパンになりますもんね。


オタマトーンのメタルバージョン” への3件のコメント

  1. ヘビメタを目指すのであれば、新宿のユザワヤがお薦めです。
    エナメルとかファーとか皮の端切れがたくさん売っておりますよー。
    ヴィジュアル系コスプレイヤー御用達ですユザワヤ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。