新楽器 「ベロミン」 できました。

Veromin_photo

「ベロミン」という楽器を作りました。舌(ベロ)をはじいて、ベンベン音を出し、フェーダーを動かして「ベロ・シティー」(ああ、これが言いたかった)を変える楽器です。電気を使わず、アコースティックなしくみでテクノなサウンドは出せないか?と思い、作ってみました。量産品ではなく、工作ワークショップ用に作ったものなので、お店では売ってません。
演奏動画はこちら。

実はこのベロミン、バージョン2.0なのです。バージョン1.0のお披露目は、先月に行われた池袋での工作教室。そこではじめてみなさんと作ったのですが・・・・・申し訳ありません!最初のバージョンは、数々の設計ミス、工作手順のむずかしさなどがあり、とても楽器と呼べるものではありませんでした。参加者のみなさんからも、「これじゃベロミンじゃなくて、ゲロミンだな」、「ティッシュケースにしかならない」という言葉が・・・ほんとうにあのワークショップに参加していただいたみなさま、申し訳ありませでした!
ベロミン バージョン1.0の動画はこちら>>

そこでわたくし社長、大反省いたしまして、もっと簡単で、確実に音が出る研究に研究をかさね、「ベロミン ver2.0」が完成いたしました。これはいい音でます。自動戻り機構もつけました(ゴムいれた)。全身ABS樹脂にしたので、丈夫です。もうティッシュケースには見えません!

最初から、これが作れれば良いのですが、ワークショップでみなさんが作業をしているのを拝見して、ああ、ここはもっとこうした方が作りやすいなとか、ここで作業を失敗してしまうのだな・・とかの情報をいただき、ピーンと閃くことあったのです。なかなかこれは、手を動かしてみないとわからないのです。ほんと、ごめんなさい、初代ベロミンのみなさん。

明日のCLASKAのイベントで、限定30個で工作キットを販売します。ただいまアトリエで、袋詰め作業中。夜なべか?
遠方でCLASKAに来れないけど、ベロミンを作ってみたい!という方は、明和電機のホームページから、メールにてお問い合わせください。よろしくです。

新楽器 「ベロミン」 できました。” への9件のコメント

  1. 初めまして、突然失礼します^^
    本体が机から浮いていて、吸盤のみで接地しているように見えるのですが、本体を机に密着させて机でも音を共鳴させたらもっと良い音になりそうな気がしてしまったのでコメントさせていただきました。
    ぶしつけでごめんなさーい♥

  2. >r_zis様
    ご指摘ありがとうございます、
    実は、吸盤によって、お腹はおもいっきり机に密着しています。動画ではわかりませんが、机にかなり共鳴しています。
    フォークギターにはりつけたら、いい音でそうです。
    iPadにもはりつけたい・・・

    • Wow you are just like my real life husband. He makes like Mr. Rogers and takes off his pants every time he walks in the door to.3&8230;##82&0;o.

  3. おわぁ!!!
    直々のお返事感激ですToT
    大変失礼いたしました^^;
    タモリの音楽は世界だ!からの隠れファンです♥
    これからも応援してます!

  4. か、かっこいいです。
    ムックリみたいな感じ?と思いながら動画を拝見したら、とってもエレキな響きでびっくりしました。
    不思議です。

  5. 過日の工作教室、たのしかったです。
    ムスメに動画見せたら、
    「おー♪ 楽器らしくなった! 研究してるねー。」
    ってアアタ、何様ですか?(^_^;)
    …実は持ち帰りましたver.1.0、まだ裸ん坊です。
    なので、今日は雨だし「宿題」のつづきをやりまーす(^O^)

  6. デザインがシンプルでいいですね。
    小さな羽根が似合いそうな感じです。
    音は素材を変えると、他の音でも楽しめそうです。
    演奏を聴いていたら、
    「ぶんぶんぶんはちがと・」や「水戸黄門のテーマ」が、
    この音に合いそうな気がしました。

  7. 作ってみたいと思っていますが、
    キットの希望はまだ有効でしょうか…。
    オンタイムでなくて申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。