生きる力

生きる力

従姉妹がガンで亡くなったので広島に行ってきた。39歳という若さだった。ガンが見つかって一年間の闘病生活のすさまじさ、悲しみの深さは、葬儀で落ち着いて見えるおじさんとおばさんの振るまいから、逆に感じとれてしまった。高校生の子供がふたり、旦那さんの、まだまだこれからという矢先で無念という葬儀の言葉がいたたまれなかった。

人間は巨大な思い出の固まりだ。だからいなくなったときの喪失感も巨大だ。その思い出を一番たくさん抱えているのは親だ。だから親から先に逝ってはいけないと思った。なんで人はあっけなく消えてしまうのだろう。なんでだ、なんでだ。すべての過去の人々が同じことを問い続けているのに答えがない。

お通夜には親戚が集まった。土佐家も含めて、親戚の人数は多い。僕の姉は5人も子供を生んでいる。もうすぐ90歳に近づいている元気なおおおばちゃんから、小学生まで、いろんな年代が集まる。明和電機の社長も、そんな中では「のんちゅん」という未熟なキャラクターになり、おじさんから説教をくらう。食えてんのか?もっとやること絞った方がええんとちゃうか?など。

お通夜は女衆は引き上げ、男衆が残って従姉妹に付き合った。飲んで、食べて、雑魚寝して、お別れの前の夜を過ごした。人間はもちろん一つの生命だけど、こうして血が繋がった者たちで過ごすと、彼らの中にも自分という存在が分散しているのかも、と思う。

人の命はあっけなく終わる。だけど生きている者は生きている。のんくん兄ちゃんは面白いものどんどん作って、命を続けててねと、遺影の中で笑う従姉妹に言われた気がした。

広島から東京に戻ると、やはり閉塞感や不安感が充満しているけど、こんな中だからこそ、しぶとく、したたかに生きるぞ!と、なんだかエネルギーが沸いてきた。

生きている者は、生きている。だから、しっかり生き続けよう。

生きる力” への5件のコメント

  1. この度はご愁傷さまでした。
    謹んでお悔やみ申し上げます。
    「血のつながり」って、不思議ですよね。
    わたしの母が亡くなった時に、
    「でもわたしの半分は彼女と同じものなのかな…
     ってことは、わたしを通して、
     彼女の『生』はまだ続いているのかな…
     もしかしてそれは、もっとずっと遡っていけるもので、
     わたしから先の世代にも続いていくものなのかな…」
    といったようなことを、ぼんやり考えたのを思い出しました。
    たくさんの人が、それぞれ「生きること」に執着して、
    「生きる力」を感じてくれるといいですね。

  2. 謹んでお悔やみ申し上げます。
    自分も先日、身内や友人を見送りました。
    残された者として、生きる大切さを実感したばかりです。
    「生きる力」とても良い言葉です。

  3. 心からお悔やみ申し上げます。
    私もこの間、知人のご主人が急死され、
    その時の率直な思いは、
    なんでそんな、、、というものでした。
    震災の影響でご主人の仕事が空いてしまい、
    自分が頑張らなきゃ、と言ってたのに、、、。
    身体は亡くなっても、魂はなくならない、
    一人じゃないよと伝えたけれど、
    昨日まで一緒に暮らしてた人と、今日はもう話ができないというのは、
    どんな気持ちか、、、。
    最近忙しくて、心に余裕がなかったのですが、
    社長のおかげで少し、落ち着いて考える時間ができました。

  4. このたびはご愁傷様でした。
    従姉妹さんと同い年です。
    まだまだこれから、というご家族やご親族の心痛、お察しいたします。
    やはりしばしの闘病の末、お父上を亡くした友人も
    「いつかはくると思っていても、それが今日だとは…」と
    言葉をなくしていましたが、もう二度と話ができないのが
    そのときは一番辛いと言っていました。
    魂や気配としてはずっとそばにいるのだと信じられても、
    やはり「肉体の命がなくなってしまった」ことにショックを
    受けるのだと思います。
    抗うことのできない甚大な自然災害が現実に起きた今、
    「どう生きるか、生き抜くか」ということを1日のどこかで
    考えるようになりました。命ある者の宿題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。