engadget オフラインパーティー 本当に男だらけだった

Rimg0016_2

行ってまいりました、engadget  オフラインパーティー。

明和電機は、WAHHA GOGO やYUREX、オタマトーンを紹介しました。

開発スケッチも見ていただきまいた。

  >>>開発スケッチのホームページはこちら

Rimg0043

ほんとにね。
理系男子が大集合ですよ。こんなたくさんの茶髪じゃない男たちを見たのは、
久しぶりですよ。しかも六本木で。

Engadget_man

昨日のグログで、「こんな格好お人がおおいんじゃないか?」

という想像図を描きましたが、まさにそんな男子が多かった!

Rimg0081

その中で、自ら「その絵、私です」と名乗りでた方がこちら。

「メガネ、シャツ、タックイン、ユニクロのパンツ、革靴 ポーターのカバン」

と、ほぼ前面クリア。おしい!男子というにはアダルト!

でも、こういう感じの人、多かったなあ・・・・

とにかく、おもしろかったですよ。

専門用語が出るたびに、「おおおー」と会場がどよめくんだけど、

まったくわからない人(とくに女子)には、異教徒の教会に

まぎれこんでしまったぐらいの恐怖があったのではないか?

いいねー、こういう濃いイベント。

極端がいいですよ、やっぱり。

で、オタマトーンと両生類つながりの「ケロミン」さんもいらしてたので、

デュエットしました。

曲はきせつがら、「もみじ」です。

Engadget 理系男子たちの舞踏会

Engadget_man

さあ!
明日は、ガジェット好きな、理系男子が大集合する、濃いイベントですよ。

「 Engadget   オフラインパーティー」 

ですよ。

もーね。女子、入ってこれないと思う。男子トイレに入るぐらいの
勇気がいると思う。

上図は、僕が考える、 Engadget 好きな男子の図です。
こういう人が、200人ぐらい集まるんじゃないか?
明日は。

ちなみに同じくらい濃いい理系男子が集まるイベントで、「MAKE」がありますが、
なんとなくのイメージとして、「MAKE」ピープルよりは、清潔で、小金を
持っていそうな印象がある。なんでだろう?

ざっくり分類すると。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Engadget ピープル・・・・・・弥生人

MAKE ピープル・・・・・・・・・縄文人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という、印象がありますな。僕はな。

Photo

海外の「MAKE」を見てると、あきらかに反骨精神があって、

ヒッピーやパンクに通じる、ツッパリ感がある。

「オレのマシンで、お前らの常識、壊したるで!」

みたいな勢い。

2

でもね。

同じことを日本でやっても、なんかダメなんですね・・・

だって、平賀源内やノッポさんが、崇め奉られる国ですからね。

モノを作ってるだけで、誉められる職人の国ですからね。

「どや!オレのマシン、すごいやろ!びびったかー!!」

って中指立てて見せても、

「よう作りはったなあ・・・・」

と関心される国だと思うんだなあ。

平賀源内とか、そうとうパンクですよ、生き方。

晩年は、ムカついた人を惨殺して、獄中死ですからね。

ノッポさんもねー、彼から「モノ作り」をとったら、

じじいになるまで巨大ぬいぐるみと戯れてた人

ですからね。

真のテクノパンクは生まれないんだろうな。

だって技術はお友達なんだもん!

でもそれが、この国のよいところ。からくり万歳!

(そのあっけらかんとしたところが、欧米から見ると、

 ものすごく違和感があって、パンクなんですけどね。)

 

ツイッターで募集した、知らない人の家でイベント告知<一軒目>

ものすごい濃いメンツが、新宿LOFTで30日間でずっぱりの
驚異のイベント、「DRIVE TO 2010」。

明和電機は、10月21日に、ロマンポルシェ。、サエキけんぞうさんらと
出演します。

久々のライブハウスでの、ライブ。どんちゃん騒ぎです。

なんと、経理のヲノさんの出演も決定しました!!
わー!ぱちぱちぱちぱち。

で、先日、そのイベントの告知といして、

「掟ポルシェ、明和電機社長、サエキけんぞうの三名が、
 ツイッターで募集した、知らない人の家にいって、酒を飲み
 イベントを告知する」

ということをやらかしてきました。
なんと、5件も応募があり、その中から渋谷に近い3軒を
まわってきました。

「安全装置をとりはずしたスカッドミサイル三発」

みたいな、あぶない大人三人によく、部屋を提供してくださいました。

まずは一軒目をアップします。
渋谷でバーを営んでいらっしゃる方。
ありがとうございます!












オタマトーンで「グリーンスリーブス」を合奏してみました

今日は、「DRIVE TO 2010」 のリハーサル。

明和電機のアトリエで、楽曲の練習をしました。

オタマトーンの見せ場が欲しい!ということで、工員さん2名と社長で、

「グリーンスリーブス」を練習してみました。

へたくそだけど、これはおもしろい!!

アカペラグループというのは世の中にたくさんありますが、

オタマジャクシが歌うアカペラはないでしょう・・・

ちなみにこの「グリーンスリーブス (Greensleeves)」の曲名は、

緑の袖であり、それは娼婦のことを暗喩しているそうです。

そういえば、昔、EDELWEISS PROGRAM で、

「緑の甲冑を着た、男娼の物語」を書きました。


作ることと、見せること。

Photo

今月の23日から、クロアチアに行きます。
「デバイスアート」をテーマにした、展覧会と、ライブ。

展覧会は、明和電機の「アート作品」ではなく、量産した「プロダクト」、
つまりオモチャだけを展示します。
これは、めずらしいパターン。

で。

本日は、その展覧会で流す、「商品の説明ビデオ」を撮りました。
魚の骨のコード「魚(な)コード」から、幻の商品「パッチーナ」まで。

もうね。
ジャパネットたかたの気分ですよ。

Photo_2

明和電機は、とにかく、製品のプレゼンテーションにどえらいエネルギーを
使います。社長自らが、使って見せて、説明して、買ってもらう。

アートとしてみたら、これはちょっと変わっているので、
もし明和電機のアートのジャンルはなんですか?と聞かれたら、

「プレゼンテーション アート です」

と答えてもいいほど。

でも、思うんです。

モノを作ることは大切だけど、それと同じぐらい大事なことは、それを見せること。

ちゃんと見せることができれば、評価があり、それは次なるアイデアを生む糧になり、
ときには、「資金」も得ることができる。

作りっぱなしでは、いつかは蓄えがなくなる。
アイデアも。
資金も。

 

まー

僕の場合、「製品よりも、商品よりも、自分が目立ちたい」
という、自意識過剰もあるんですけどね。

ご愛嬌。

技術と芸術とツイッター

芸術家には二種類いる。
自分の表現に疑問を持たない者と、
自分の表現に疑問を持つ者、
である。
前者はピカソタイプ。
後者はデュシャンタイプ。
である。
疑問を持つタイプは、ときに自分の表現のメカニズムについて考える。
マシンエイジ以前は、そういうタイプがいたとしても、それを言語化、図式化するための数学、映像ツール、設計方が発達していなかったので、
圧倒的に絵画を描くのがうまい、という、一種のフリークス的才野に、飲み込まれてしまった。
しかしマシンエイジ以後の写真からCGにつながる、人間の表現の盗賊的テクノロジーは、見事にフリークスたちのお株を奪い、機械で表現できない表現、という、泥臭い世界に芸術家を追いやった。
この状況、表現に疑問をもつタイプの芸術家には好都合。
なんとなれば、キュビズムのように、まったく絵なんて描けない絵描きに、ウンチクという絵の具を与えたし、
ときには疑問を検証する、実験機器を与えたからである。
そんな時代になって、もう長い。
表現者はいまだに新しいテクノロジーが、自分をどこへ追放するのかビクビクし、
あわよくば、大逆転のための起爆剤にしてやろうと、たくらんでいる。
そんなことをいっさい考えない、まだバルビゾンをやってるクラシックな芸術家もいるが、つまんないので無視。
作戦を立てすぎると、明和電機のようにおかしなポイントまで来てしまうが、これは性分。
結論。
芸術家が自身の表現を厳密に考えるほど、テクノロジーを無視できなくなる。
以上、
なぜに土佐信道は、最近、ツイッターをやっているのか、についての長々しい言い訳でした。
(ケータイからべた打ち。文字校正なし。)

皿回しの話 (DJじゃないよ)

Photo

ようやく、風邪から復活しつつある社長です。

今日は、アトリエの大掃除がなんとか終わりました。

あらためて思うのは、自分が作った機械の多さ。

明和電機をはじめて16年、たぶん200体ぐらいあるんじゃないか?

「まったく役にたたない機械」。

明和電機は、作品は売らず、そのマス展開やプロダクト展開で

商売をしていますから、オリジナルのマシーンはすべてアトリエにあるんです。

Photo_2

で。

なにが大変かというと、メンテナンス。

機械が増えれば増えるほど、その作業も増える。

これはまるで

「皿まわしの皿を、増やしていく」

ようなものです。

おそらく僕が死んだら、誰もメンテナンスはしないでしょう。

お皿は、回転を止めて、すべて床に落ちて、こっぱみじん。

それも運命。しかたがない。

生きているうちは、僕はナンセンスマシーンを作り続けるでしょう。

これは止まらない。

「アイデアが、枯れたりしませんか?」と聞かれるときがありますが、

「アイデアを実現する時間の方が足りない」と、答えています。

僕が3人いればなあ・・・・・はかどるのになあ・・・・

とよく思います。

風邪をひいてしまったようだ。
体の中心に、トコロテンがあるみたいに、ぼやんとする。
と、思ってたら、
パソコンも調子悪い。
アプリケーションがたちあがらない。重い。
ぐえー。
ただでさえ、思考のスピードが落ちてるのに、本来なら補助エンジンのはずのパソコンまで固まると、思考が重い重い。
で、ブログ、携帯で書いてます。
こいつは固まらない。
パソコンが普及して、情報をゲットするスピードは格段に上がった。
でも時々、今回の意味不明なフリーズのように、待たされる時間も増えた。
これって、高速道路でいくら飛ばしても、料金所の渋滞で追い付かれるのと似てる。
待たされる分、イライラする。差し引きゼロではないか。
電卓が固まることはない。同じ計算機なのに、パソコンが固まるのは、システムが合議性をとっていて、中途半端な民主主義だからであろう。
社会はそれでもいい。
しかし、マシンは、絶対君主が、ビスの一本まで息をかけて欲しい。
さてさて。
誰がそれを実現するか?
ハード屋か?
ケータイ屋か?
OS屋か?
検索屋か?
見物である。
楽しみ。

よく使う台所は、片付いている

Photo

今日もまた秋葉原へ。

「坂口電熱」という電熱器などを売っているお店にいった。

このお店は、店内が、整理整頓されていて、とても気持ちがいい。

棚がおしゃれだとか、ポップや看板のデザインがすぐれているとか、

そんなことではない(案内なんて、テプラをバシバシ貼ってるし)。

でも、なんだろーなー。

「電熱器」という、あんまり時代に流されない商品を売ってるからかな?

「よく使う台所」みたいに、気持ちよい風が流れてるんですね。

新陳代謝してるな、というか。

きちっと掃除してるというか。

最近あまりにも秋葉の風景が、メイドとアニメとミクに侵食されて、

「カワイイのはわかるけど、アナタたち、お風呂入ってる?」

という文化がまわりに増えたからかな?

面白いんだけどね。お風呂には入ってほしい!

だからかな?まるで洗いざらしのタオルのような「電気部品屋」にいくと、

すがすがしい気分になる。

Photo_2

さて、「坂口電熱」で、何を買ったかというと、サーモスタットです。

明和電機の楽器の基本は、「ノッカー」という電磁石を使った

打楽器デバイス。これが、動作するとガンガンに熱くなる。

200℃近くなってんじゃないかな?

なんでそうなるかというと、打楽器のパワーを出すために、

必要以上に電気を流しているからなんです。

(良い子はまねしないように)。

加熱しすぎると、最後は、銅のコイルが溶けておじゃん。

そうならないために、「あんまり熱いから、電気をきっちゃうよ!」

という装置、サーモスタットをつけるのです。

この装置、「電気こたつ」にもついてますね。

Drive_to_2010

そんなノッカーたちが活躍する、久しぶりのライブをやります。

メンツは、明和電機と、ロマンポルシェ。さんと、サエキけんぞうさんです。

濃いなあ。

「信念をもって男を貫いたら、面白い人になってた」、という三人だなあ。

出発の時点から間違っていた三人だなあ。

さて、この三人が、明日の夜、渋谷近辺に集合します。 打ち合わせです。

で、「誰か、打ち合わせするのに、オレたちに部屋を貸してくれない?」

とツイッターでツイットしたとこを、4名の勇者が、ツイットリターンしてくれました。

 

たぶん、突入します。


詳細はこちら。

Photo_3

にしても濃いなあ・・・・・・・

愛情のないツマミが多いのは、「デジタル楽器」と「和民」

Photo

秋葉原に部品を買いにいったついでに、ひさしぶりに楽器店にぶらり。

デジタル楽器コーナーにいったら、

もーね。新製品の「ツマミ」の量が、ますます増えてた。

理解できるか!!多すぎじゃ!!

まるで、テレビのリモコンと同じ。

どこを押せばいいの?

Photo_2

電子楽器の「つまみ」が多いのは、今にはじまったことではない。

40年前に作られた、ムーグシンセサイザーなんて、つまみのお化けだからね。

でも当時の楽器は、「その音を出すがいっぱいいっぱい」な、ダメっ子だった。

必死ですよ。「ぴょよよーーーん」って宇宙っぽい音出すのも。

「つまみ」をいじくる方も、なんだか、機械の内臓に触ってるような

リアリティがあった。

Photo_3

でも、デジタル技術がすすんで、どんな音でも出せるようになると、

電子楽器も余裕をかます優等生になっちゃって。

出せる音の選択至が増えたなら、「つまみ」も増やしてしまえと。

これはテレビのリモコンと同じ現象。

結果、楽器は、「音を楽しむ機器」ではなく、

プリセットされた音を選ぶだけの、「再生機(プレイヤー)」になっちゃった。

先が読めてしまうのに、ツマミだけは多い。

電子楽器を作っているエンジニアに言いたい。


「音、または音の編成のアルゴリズムからインターフェースを作るのが楽器ではない。
 
人間がインターフェースと葛藤することで音が生まれるのが、楽器である。」


88個もの「つまみ」がならんだ楽器「ピアノ」は、

人間が楽器と葛藤する場所を用意しているから、

こんなに普及しているのである。