これはひどい・・・・WAHHA GOGO の最初のスケッチ

Photo_2

資料を整理していたら、一番最初にヒラめいた、ワッハゴーゴーのスケッチが
出てきた。

これはひどい。

頭が三つ・・・・たくさんの観客の笑い声をだしたかったんでしょう。

手がたくさんついてます・・・・拍手ですね。ゲラゲラわらいながら、手も叩くという。

マフラー・・・・・ヤンキーの改造バイクか?

タイヤ・・・・転がるつもり?どこへ?

頭にアンテナ・・・・ラジコン操作?

これが、

Photo_3

こうなるわけだからねー。

今日も一日、「笑い」について考えていました。武蔵小山のカフェで6時間。

ワッハゴーゴーの開発スケッチ集を出そうと思っていて、その解説文のために。

考えごとをぶっ通しでやってると、ふと睡魔がくるときがあります。

そのときは、軽く10分でも寝るんですが、

目覚めたときに、問題点が解決していることが多い。

Photo_4

できあがると、こんな感じかな?

この夏は、アトリエで展覧会

Photo

今、WAHHA GO GO のスケッチを描いてたり、レリーフを作ったりしてますが、

その展覧会を、今回は、明和電機のアトリ工で行います。

アトリ工、といっても、工場です。

だから、字をよく見てください。アトリ工の「工」が、工場の「工」になってるでしょ。

これを銘々したのは、明和電機専属歌手の、大谷健太郎氏。

今は、どこにいるんだろう。大谷くん。

おーーーい。どこだーーーーーーーい。

さて、この展覧会、夜だけの開催です。

だって、昼間は暑いじゃないですか。

そして、アトリエの外で、テーブルでも出して、

涼みながら、ビールでも飲みたいじゃないですか!





「笑い」とはなに?

Photo_3

今日は一日「笑いとは何か」について、考え続けました。

これがけっこう難しい。一般にはですね、

「笑い」=感情

と思われがちだけれど、それは違うんです。

「笑い」は感情表現という、肉体運動であって、感情ではない。

それが証拠に、感情を持たない「WAHHA GO GO」も笑いますから。

でも、そのへんが、まずごっちゃになってしまう。

Photo_4

そして、「笑いは威嚇が発達したもの」という学説があるように、

コミュニケーションの問題も登場してくる。

Photo_6

自分なりに、いまのところしっくりきているのは、

生物的に根源的な問題、「生きるとは何か?」という話から始めて、

そこから脳の話、感情の話へ広げて、

そこから機械論的な肉体の話が、実は、脳とか感情を

意外にもコントロールしてるのではないか?

という話にもって行く論法がよいなーと。

すんません。

まだ、うまく自分でも整理がついておりません。

グッドな論理と、キャッチーな説明図ができたら、

発表します。

負けだ、負け。

これじゃ、伝わらない・・・・

カリスマモデルが・・

毎週読んでる雑誌は?
と聞かれると、週間アスキーと答えます。
毎月読んでる雑誌は?と聞かれると、コミックビームとポップティーンと答えます。
今日の王様のブランチに、ポップティーンのカリスマモデルのくみっきーが出るので見たんですが・・
あれあれ?
かわいいけど、オーラうすいぞ。はしのえみに食われてるぞ。
なんでかなーと思ったら、雑誌ではキラキラ輝いてた、盛りエフェクトがないからだ!
飾りフレームがないプリクラが、ただの劣化写真になってしまうように、
キラキラフレームが消えたくみっきーは、12時を過ぎたシンデレラだったのでした。
でも逆を言えば、世の中には、普通の子がシンデレラになれるエフェクトやフレームがたくさんあるということ。
それはハリボテだけど、楽しそうです。
どうせなら、くみっきーがテレビ画面に出るときは、デジタルエフェクトで、まわりに星とかダイヤとかティンカーベルとか、がんがんに飛ばして欲しいです。

絵を描いてます

Photo_3

学生のとき、ピート・モンドリアンの生涯の絵を、連続アニメーションにした作品を
作ったことがある。

若いころは具象的なだった彼の樹木の絵が、彼が年齢を重ねるごとに抽象化していき、
最後は、赤と青と黄色と黒の、ソリッドな絵に変化していく。

絵描きの、自己完結的な脳と目と手のループが、「樹木」を

有機的・情念的フォルム から

機械的・論理的なフォルム へと

変えていく。
そのプロセスが、なんとも面白かったのです。

現在、僕は8月のドローイング展に向けて、「WAHHA GO GO」の
絵を描いています。

「WAHHA GO GO」は、立体作品としてすでに完成しており、
その絵を描くというのは、

「本当は、WAHHA GO GO は、別の設計思想に基づく、
 進化の方向があったのではないか?」

というシミュレーションになります。

Waha_dr_a2_001

A2 SIZE

Waha_dr_a3_001

A3 SIZE

Waha_dr_a4_001

A4 SIZE

いろんな大きさで、同じイメージを描いてみたり、

Waha_dr_a3_002

Waha_dr_a4_002

アングルを変えてみたり、
部分だけを描いてみたり。

Waha_dr_a2_002

形を崩し、再構築し、
自己完結のループをぐるぐる回して
モンドリアンのように、
イメージ構造の中の「WAHHA GOGO」を
描けたらな、と思います。

絵を描くときのBGMは、これ。
イカれ野郎たちの白鳥。

オタマトーン、練習してます


Otama__1_2

明和電機の新製品、オタマトーン。

試作が届いたので、日々練習をしております。

いままで見たことがない楽器なので、

いったいどんな音楽のジャンルに合うんだろう・・・・

ヘビメタだったら、こんな感じ。

Otama__2

これはわかりやすいな。テクノ。電卓のかわりに。

 

Otama__3

案外、これもいけるのではないか?

大正琴がはやったことがある国だからな。日本は。

Otama__3_2

まじめにクラッシック。

奏法がバイオリンに近いことはたしかなので。

オタマトーンは、鍵盤楽器みたいに正確な音程が出にくい。

でも、その分、ポルタメントやビブラートといった、

ピアノのような楽器では出せない、面白い奏法ができる。

奥が深い楽器なので、毎日練習してます。

そういえば、

中学校のときにリコーダーにはまって、

放課後、誰もいない教室で練習してました。

日が落ちた教室で、「五木の子守唄」を吹いてたら、

忘れ物をとりにきた女子が、それを聞いて

恐怖で泣き出したことがありました。

さて、最近の練習曲。

ちょっとエフェクトでショートディレイをかけてみました。

YouTube: otama 2009 7 22

それではみなさま、おやすみなさい。

「A4サイズの脳」のCMのできるまで

Omote

8月23日(日)の明和電機のイベント、「A4サイズの脳」 の広告イメージですが、

Photo

もとはこれ。

スケッチブログなどにも登場していた、

「カフェでスケッチする社長」。

Wahha_sketch_022

今回はこの「カフェでスケッチする社長」のイメージの、

頭の中から、スケッチが、どばーーーー!と飛び出してるのがいいな、

と閃いた。

上図は、そのときのメモ。

Wahha_sketch_020

で、ちらしのイメージをささっと描いた。

今回は映画風にしたいので、尊敬するテリーギリアム氏のアニメーション風が

いいな、と判断。

顔の感じは、僕の暗黒面も出したいので、陰影が強い絵にしようと。

となると、照明は、レンブラント。

Photo_2

Photo_3

光と影が強調された照明で撮影。

Photo_4

Scan_a3_02

バックを黒、
頭と手とペンを巨大化させ、
マグカップを移動し、
気がすむまで、描き込みと着色をしました。

Wahha_sketch_021

あらかじめ作っておいた、ちらしイメージと、
完成した絵を合体させ・・・・・

Omote

ちらしが完成。

そして今回は、CMも作ってみました。

これまたテリーギリアム氏のアニメーションを意識しながら、

フォトショでちまちま、コマ絵を描きました。

まともにアニメーションをやってみたの、生まれた始めてかも。

デジスタの審査のとき、いつも思いますが、

ほんとにアニメーターって、膨大な作業量をやってるんですね。

それだけで、まず尊敬です。

 ビチクソ攻撃や!! <明和電機VSウルトラファクトリー>


Ymo_3

 

先週末は、京都造形芸術大学のウルトラファクトリーで、ワークショップ。

 

Rimg0744

 

ヤノベケンジ氏率いるウルトラファクトリーと、明和電機は
現在、対立状態にあり、この冬、決戦を予定している。

で、宿敵・ヤノベケンジ氏の牙城で、警戒しながらの三日間。
問題なく最終日向かえ、帰ろうとしたら・・・・・

Photo_2

 

「ビチクソや!! 明和電機の社長のケツが、ビチクソや!!」

とヤノベケンジ氏が大笑いしながら叫ぶではないか。

Rimg0773

みたら、おしりがなぜか黄色。

「明和電機が、ウンチもらした!!
 明和電機が、ウンチもらした!!」

小学生なみに狂喜乱舞するヤノベケンジ氏に、
ウルトラファクトリーの面々も大笑い。

「ほんまや、明和電機が、ビチクソや!
 普段は青い人が、黄色や!!
 うけけけけけけ」

と、高らかな笑いごえが、工房に響き渡った。

いったい、いつの間に?

ぜんぜん気がつかんかった。

僕のイスに、細工がしてあったのか?
はたまた、遠くから水鉄砲のようなものでインクを発射したのか・・・・

と、思っていたら。

Rimg0793

おいおい。

トラヤン。

なにもっとんねん。

Rimg0794

黄色のコピックやないかっ!?

お前か!

音もなく忍び寄って、僕のおしりに

黄色を塗ったのは!!!

くそう。

このお返しは、かならず・・・・・・

(つづく)

京都でイメクラ

京都でイメクラしました。

正確には、デザイナーのユーリ君スプツニ子さんが行ったワークショップにゲスト出演。
場所は京都造形芸術大学。ウルトラファクトリー。

未来のイメクラを作り、音で再現、という面白い実験でした。

・草食系男子の吸血鬼
・戦争萌の三人娘
・お父さんいじめ
・死んでく彼氏萌 シンデレ
・壮大な男根

などの奇抜なイメクラができてました。

最後は真っ暗闇の部屋で発表会。音ですからね。

多分、ユーリ君が作品をネットにアップする予定。お楽しみに。

さて。

ウルトラファクトリーといえば、宿敵ヤノベケンジ氏。

今回は油断をしていたら、とんでもない攻撃をくらいました。

その攻撃とは、

「イエローマジックオシリ攻撃」

略してYMO攻撃。

こ、こ、これはひどい。

プライドずたずたになりました。

その内容とは・・・

(つづく)

ロケットと教会     メディア芸術総合センター 考察

Photo_5

5年前、アメリカ国務省のインターナショナルビジタープログラム(IVP)に
選ばれ、アメリカ横断の旅をしたことがあります。

そのときの自分の中のテーマとして、「アメリカの生の宗教を感じたい」
というのがありました。

いろんな教会などを巡りましたが、、一番すさまじい宗教的体験をしたのは、
なんと、スミソニアン博物館の、「アポロ計画」の展示でした。

めちゃめちゃ恐ろしかったのです。

日本でいうと、なんだろなー。
恐山とかかな?
こちらと、あちらが、つながりかけてる感じの場所でした。

一番、震え上がったのは、宇宙空間から戻るための、
ちいさな帰還船を見たときでした。
それはそれは狭い空間に、体をねじまげて入って、
一人ぼっちで、宇宙から落ちてこなければならない。
死を覚悟で。

映画「ミッション」で、ロバートデニーロの神父が、
樽に入って、巨大な滝から落ちるシーンがありますが、
なるほど、月面探索も「ミッション」なんだと。

Photo_6

すごく納得したことは、

アポロ計画とは、巨大な教会を宇宙に打ち上げ、
たった一つの棺を、地球に落とすことである。

ということでした。
そこにキリスト教の宗教観を、強烈に感じたのでした。

そしてそれを感じさせたのは、アメリカ人が作り上げた、
アポロ計画のための

ロケットや、宇宙服や、計算機や、スコップや、食べ物や
ノートや、タンクや、ケーブルや、鉛筆や、コンパス

といった「オブジェ」たちでした。

Photo_9
 

さて、日本は八百万の国なので、アポロ計画のような、厳しいミッションは
ありません。

でも、もしですよ、
スミソニアンのアポロの展示なみに、国家が
マンガやアニメやゲームやフィギュアやオモチャや、
そんな、そんな、いろんな日本人が作り出した「オブジェ」を
壮大なスケールで展示したら、

かつて僕がスミソニアンで感じたような、「日本という国の宗教」
の強烈な体験をするのではないか?という気がするのです。

それはたぶん博物館の洗練されたモニター展示ではぜったいに
感じられない、

「あ・・・なんか・・・・わかりそう・・・あ・・・・これ・・これ!これこれ!!」

という、がーんとくる体験だと思うのです。

なんだろうなあ。

モノが、集大したときに、

その雑多なるものを通り越して

見えてくる世界というか・・・

 

今日は感覚的な話だなああ。
伝わったかなあ、このお話。

クリエーションが集まると、そういうオーラが

立ち上がってくる。

そんな場所に、メディア芸術総合センターがなると、

外国人はもちろん、日本人もお参りすると

思うんです、という話でした。