明和電機 – Maywa Denki

社史 Company History

1960年

 

現明和電機会長である土佐阪一は、神戸にある新明和工業に入社した。第二次大戦中は川西航空として「紫電改」などの戦闘機を製作していたこの会社で、飛行艇の尾翼の設計に携わった。

Sakaichi Tosa, the present past chairman of Maywa Denki, entered Shin-Maywa Kogyo in Kobe. This company was operated as “Kawanishi Airplane” and manufactured a fighter such as “Shidenkai” during World War Ⅱ, and Sakaichi drew a plan of a seaplane empennage there.

 

 

 

 

 

1970年

 

1969年退社した彼は兵庫県赤穂市に有限会社明和電機を設立。東芝、松下電器の下請工場として真空管の制作から始まり、最盛期には100人を越す従業員を抱えた。しかし1979年オイルショックの影響で経営が悪化し、倒産してしまった。

After he retired from the company in 1969, he established Maywa Denki Ltd. in Ako city, Hyogo Prefecture. His new company started as a subcontract factory of Toshiba and Matsushita Electric(Panasonic), producing a Vacuum tube, and grew into a medium-sized company, which had more than 100 workers in its employ at its peak. Unfortunately this company had to close down its business in 1979 because of the financial difficulties under the influence of so-caller “oil shock”

 

 

 

1993


 

14年後の1993年、土佐阪一の息子である土佐正道、土佐信道は、アート・ユニットとして再び明和電機設立。それぞれ代表取締役社長、代表取締役副社長に就任。社訓「やったもんがち、とったもんがち」を掲げ、魚をモチーフにしたナンセンス・マシーン「魚器シリーズ」、電動楽器シリーズ「ツクバ」を次々と開発。 パラレル・ワールドの電機屋さんとして、日本のお茶の間の皆様に衝撃を与え続けている。

Maywa Denki again as an art unit.Masamichi(elder brother) assumed office as the president and Nobumichi (younger Brother) the vice president. With the company’s policy “Do it to conquer, Take it to conquer” they invented and developed various products such as NAKI Series, a series of fish-motif nonsence mashines, and Tsukuba Series, a series of electric musical instruments. As a “Parallel-world electricians,”Maywa Denki has been entertaining and making an impact on the public in Japan.

 

 

 

2001

 

8年後の2001年、土佐正道が35歳で定年退職し、土佐信道が社長に就任。新たにエーデルワイス・シリーズをスタート、パリ・ロンドンでの大規模な展覧会に参加。2003年10月にはパリで開催された「人とロボット展」に参加し、海外初の本格的なライブも行った。2003年9月には世界的なメディア・アートの祭典「アルス・エレクトロニカ/インタラクティブアート部門」において準グランプリを受賞。一方、ノックマン・ファミリーのような親しみやすいオモチャの開発も精力的に行い、明和製品をお茶の間に届ける”明和電機のある暮らし”の実現に向け、日々邁進している。

Masamichi Tosa retired at the age of 35,and Nobumichi Tosa succeeded his brother as the president.Nobumichi started developing “EDELWEISS Series” as his new project,which brought him to join a big exhibitions in Paris and London.In October 2003, Mywa Denki was to be invited to the Expo,”Human being & Robot” held in Paris,France. Besides the products and instruments, Toy Series of Maywa Denki,like “Knockman Family,”was born as an easy-to-play toy for everybody.From day to day, Nobumichi works hard to provide the customers with a dream of “Life with Maywa Denki.”