【Otamatone | オタマトーン】さわってカンタン電子楽器 | 明和電機

オタマトーン

2009/11/06
ちまたのオタマニスト <第一回>


otamanist



全国のオタマトーンプレーヤー、「オタマニスト」のみなさまこんにちは。

第一回 「ちまたのオタマニスト」の時間がやってまいりました。

オタマトーンが発売されて、二週間あまり。

ぼちぼりYOUTUBEなどに、面白演奏動画があがってまいりました。


本日はその中から独断と偏見で、「きてる」映像をチョイスさせていただきまいた。


いってみよう!!





おそらく最初に youtube  にあがった動画ではないでしょうか。

「妻の演奏を撮影する、夫」

というシチュエーションですが、いかんせん画像のエフェクトが強く、

ホラー映画のようです。

あ。

でも、この奥さん、演奏はうまいですね。








最初の画像と同様、

「妻の演奏を撮影する、夫」

です。

なんでしょうか。このシチュエーションがかもし出す、

そこはかとない、エロスは・・・・









こわい!

君は エレファントマンか? ゾディアック か?

演奏はめちゃくちゃうまいのに、

毛布が暗黒感を出してます。

KKKとか、集団でオタマトーン弾いてたら、怖いんだろうな・・・・









ファイ!

ファイ!

かわいい!

ファイ!

オタマトーンの映像におけるかわいい写り方を、

よくわかってらっしゃる。

そうなんですよねー。楽器でもあり、ボーカリストでもあるオタマトーン。

「いかにかわいく写るか?」

も、重要な要素なんですねー。








オタマトーンはかわいい。

でも、演奏車の方は、笑っていない。

お願い、笑って。

怖いから。











こちらは高度なテクニック「二重奏」。

もー、「口パク奏法」は、捨てての演奏です。

どことなく、バグパイプを思わせます。










独特の演奏方法です。

「尺八持ち」

とでもいいましょうか・・・

ビブラートはばっちしかかってますね。








なつかしのゲーム音楽。

なにげに、この方、うまい!!

軽るーく弾いてますが、確実な音程感。

ギタリストか、バイオリニストでしょうね。







と、いうわけで、お送りしてまいりました、「ちまたのオタマニスト」。

のっけから、濃いい映像がYOUTUBEにアップされております。

あれですね。

かなり「何を着て演奏するか?」が重要ですね。

だれかいつか、裸で演奏するんだろーなー。


それでは、次回。

さよーなーらー。












コメントは現在受け付けておりません。あなたのサイトからトラックバックすることはできます。

ページのトップへ戻る。 Back to page top