明和電機 – Maywa Denki

エーデルワイスシリーズ EDELWEISS seriesエーデルワイスシリーズとは? / What is EDELWEISS Series ?


女とは何か、結晶化した花の世界
EDELWEISSシリーズ

 

「女とは、生物的なメスとは何か?」。この永遠のテーマを、セックス、遺伝子、感情、表層などを切り口として探求し、シンボリックな花で表現したのがEDELWEISS シリーズです。

 

EDELWEISS シリーズとは

2000 年から本格的にスタートしたEDELWEISS シリーズは、土佐信道自身の「女性とは、そして生物的なメスとは何か?」という疑問がテーマです。

女性の持つ「子宮、遺伝子、表層、ファッション、エロス、母性」などの特徴を、架空の結晶の花「EDELWEISS」に象徴させ、その花を探すためのアイテムを自ら作り出す、いわば「シンデレラ(=花)を見つけるためにガラスの靴を自分で作る」という、逆転した創造的プロセスを行なっています。

 

 

EW_cap_1

EDELWEISS PROGRAM

シリーズの中心には、思想をおとぎ話に置き換えて土佐が書いた「EDELWEISS PROGRAM」という物語があり、現在六つのシーンに分かれています。それぞれのシーンには、まず言葉によるストーリーがあり、それを絵にしたイメージがあり、そこからインスピレーションを受けて作られたナンセンス・マシーンがあります。これはちょうど映画の「シナリオ、絵コンテ、セット」の関係に似ています。
EDELWEISS の物語は、現在もその構想が膨らみ続けており、また、最終的にはすべてのおとぎ話の文章がナンセンス・マシーンに置き換わることを目指しています。

 

第一章 序章 Introduction

解放された生殖である白い花から、物語の中心を貫く「白いオイル」が作られ、人間がそれを見つける物語の序章

 

第二章 末京 The Matsukyo

二つのテクノロジー 「オルガチカ」と「プラスチカ」の衝突を経て、欲望を暴走させたメスたちが作る理想郷「末京(まつきょう)」が描かれた章。

 

第三章 林檎のエンジン The Apple Engine

現実のメスと対峙できないオスたちが作った理想郷「月宮」、そこに住む「ボク」が「母性とは何か?」を解くため、リンゴのエンジンで飛ぶロケットでメスの都「末京」へ向かう章。

 

第四章 プードルズの反乱 The Rebellion of Poodles

メスに服従する男娼である「ボク」が、メスたちが与えた拷問を乗り越えて「男性性」を獲得し、脆弱な地下生活者のオス達「Poodles」と蜂起してメスたちに攻撃をしかける章。

 

第五章 泣く羊 The Crying Sheep

胸に空いた「退廃の穴」のために涙を流し、失明していくメス。「オルガチカ」の技術者「ボク」が、感情の制御プログラム「BAKUバク」を使って、その「退廃の穴」を封鎖する章。

 

第六章 歌う櫛 The Humming Comb

メスの代わりに「人工子宮」で子供を作る仕事をする「ボク」が、古代遺跡の発見にインスピレーションを受け、「美しい歌を歌う櫛」をオルガチカの技術で作り、メス達の欲望を花に変えていく章。

 

 

 

What are females like? The crystalized world of flower
EDELWEISS series

 

In the EDELWEISS series,the eternal themes “What a females like?” and “What are biological females like?” are explored from various angles,such as reproduction , sex, gene,emotion and surface,and are symbolically expressed with flowers.

 

What is EDELWEISS Series ?
What is the essence of woman? What is the biological essence of female? These are the key questions that have been driving Nobumichi Tosa to produceEDELWEISS series since the year 2000. The concept of the series is to symbolize the issues surrounding womanhood–such as womb, gene, surface,fashion, eros and motherhood–as a fictional crystal flower named EDELWEISS, and to produce items those support the searching mission for the flower. The process of the project is thus follows an inductive method which can be phrased as: “making myself glass slippers to find Cinderella.

 

EDELWEISS PROGRAM
The EDELWEISS series is based on a philosophical fairytale titled EDELWEISS PROGRAM, which presently consists of six scenes.

Behind each scene, there is a written narrative that leads to an imagery, which inspires the series of artwork called Nonsense Machines. This processis similar to that of movie making; in which a scenario is translated into astoryboard that configures props. The project is ongoing and expanding withthe ultimate goal of turning every line in the script into a Nonsense Machine.

 

1 Introduction
Human being meets the “white oil”made of the white flower, which abandoned the will to control desire. This oil will be the key of the story.

2 The Matsukyo
females with uncontrollable desires, building up their utopia “Matsukyo” after the impact of“Orgatica” and “Plastica”.

3 The Apple Engine
“Boku” who lives in the male’s utopia “Gekkyu”, is traveling to “Matsukyo” with the apple

4 The Rebellion of Poodles
“Boku” who is an gigolo wearing the green armor, is escaping from females’torture. He finally attacks females with weak males called “Poodles”who lives underground.

5 The Crying Sheep
Females started to become blind because they were made cry for the “decadant hall”made on their chest. This is a chapter about“Boku” who is an engineer of the “Orgatica”, closes this “decadant hall” with “Baku”.

6 The Humming Comb
“Boku” who belongs to the job of making babies instead of female with The “Artificial uterus”. This chapter is about “Boku” turns females’ desires into flowers with the “Comb that sings a beautiful song”.