明和電機 – Maywa Denki

ツクバシリーズ TSUKUBA seriesツクバとは/ What is TSUKUBA


宇宙の力を100V に変えて動く電動楽器
ツクバシリーズ

100V 電流でモータや電磁石を物理的に動かして音を出す。電動楽器「ツクバ・シリーズ」は、情報ではなく、物質によるマシン・ミュージックです。

 

tsukuba_cap_1

電気で動く楽器

今日の音楽を眺めると、サンプラーやシンセサイザー、インターネットといったデジタル機器の普及によって、音楽が楽器という「物質」から離れ、「情報」として扱われるようになってきています。「私はこんなマニアックな音楽を知っている」「私はこんな風に原曲をリミックスした」「私はこんなにたくさん曲のデータを持っている」……これらはすべてスピーカーを通してしか存在しない、「情報の音楽」の楽しみ方です。

そんな時代に一石を投じるのが「Tsukuba Music」です。
100 ボルトで動く電磁石やモーターを使い、実際に物質を叩くことで音を発生させます( 図1)。それはかつての音楽が持っていたのに、現在あまりにも忘れ去られている事実―「そこから生の音が生まれてくる」、ということを、再び機械の力で復活させる挑戦です。

 

tsukuba_cap_2

ツクバシリーズの3大要素

Tsukuba シリーズには3大要素があります( 図2)。
1.100 ボルト電流を使う。
2. 発音するのにスピーカーを使わない
3. 演奏方法がバカバカしい。

 

tsukuba_cap_3

ツクバはアナログ・マシン・カラオケ

明和電機のコンサートでは、たくさんのTsukuba 楽器がMIDI 信号によって制御され、自動演奏を行っています。コンピューターから出力されたMIDI データを「MIDI-ACコンバータ」がAC100V に変換し、楽器を動かします( 図3)。ライブでは、そうした楽器たちの自動演奏に合わせて、社長や工員さんが歌い、踊ります。つまり一言でいえば、巨大なアナログ・マシン・システムによる「カラオケ」なわけです。

 

tsukuba_cap_4

ツクバミュージックの名前

Tsukuba Music の名前の由来となった「Tsukuba」は茨城県にある科学技術都市「Tsukuba」から来ています( 図4)。
それはちょうど「リバプール」や「デトロイト」といった工業都市から、オリジナリティのある音楽のジャンルが生まれてくるのと同じです。日本の科学技術都市「Tsukuba」から、新しい音楽が世界にはばたくことを夢見て、名づけました。 「Tsukuba Music」 それは情報の音楽から、再び物質の音楽へと進化した、21 世紀の音楽の姿なのです。

 

 

 

Electric musical instruments thet operate by converting the power of the space to 100V
Tsukuba series

 

Tsukuba Series is MaywaDenki’s original musical device played by physical movement of motors and/or electromagnets at 100V. It is not information, but machine-music materially performed by electric-powered musical instrument.

 

electric-powered musical instrument.
According to the spread of IT apparatus, such as a sampler, a synthesizer, and a personal computer (internet) these days, music has been separated from “a substance”(=a musical instrument) and is now considered as “information.” These style of enjoying music has changed, and as a result, people talk about music like:”I know such a maniac song,” “I can remix the original song like this,” or “I have a lot of music data.” People are pleased by gathering “information on the music” that can be heard only through the speakers.

Music once used to be in years past and they had to ally forgotten. Tsukuba Series is played by the movement of motors and / or electromagnets at 100V and makes a sound by practically beating/knocking a substance (fig.1). It is a challenge to revive a live music sound withthe power of machines.

 

three important elements to produce Tsukuba Series
1.Use 100V electric current,
2.No need to use the speakers (should be acoustic),
3.Adopt nonsensical technique to play.

 

Tsukuba, an Analog Machine Karaoke
In concerts, Maywa Denki controls various Tsukuba instruments by MIDI(fig.3).MIDI signals transformed into 100VAC current to operate the automated musical instruments, and to the music played by these instruments the President and the Laborers sing and
dance.
So in short, our concert is a karaoke show utilizing a huge sound system consists of analog machines.

 

The origin of the name of Tsukuba Series
Tsukuba was named after “Tsukubacity,” a technological city in Ibaraki prefecture(fig.4). Unique and original genres of music have been often born in the specialized cities like Liverpool and Detroit, the famous industrial cities. MaywaDenki is dreaming that a next new type of music will be created and spread worldwide from Tsukuba, the city of the most advanced technology in Japan. “Tsukuba Music.” it is the music of the 21st Century, evolved from “Information Music” into “Substantial Music” once again.