「ジョイフル明和」って何? 

Jyoihuru_maywa_cs3

 



4月6日(金)に事業報告ショーが開催されますが、その翌日の土曜日、これまた濃いいイベントをやります。それが「ジョイフル明和」です。

明和電機はご存知のとおり相当マニアックですが、それを好きになる方も相当マニアックです。けっこうな方が手先が器用で、明和電機をモチーフにした同人誌やフィギュア、工作なんかを作ってるんですね。これがよくできてる!

そうしたみなさんの制作物を一同に集めたら、さぞおもしろかろう・・・という動機で企画してみたのが「ジョイフル明和」です。

出展の基準は「明和電機をモチーフにした二次創作」であればなんでもありです。当日は販売もオッケーです。出店料もマージンもいただきません!!売ってください!!(著作を開放するのは4月7日だけですよ!)

ついでに社長も、工員さんも、マニアックな商品を作ってみます。本人が作ると二次創作にならないのがなんとも悔しいです。

出展してみたい!という方は、ぜひ下記の応募フォームでご連絡を!!販売なしの展示だけでもかまいませんので、お待ちしております!みんなでワイワイさわぎましょ!


ジョイフル明和 出展者募集】
 
◆とき:4月7日(土)
◆出展時間:12:00~17:00 
 ※当日準備、当日搬出です。当日の集合時間はお申込者に別途ご連絡いたします。
◆場所:明和電機アトリエ(東京都品川区)
◆出展条件:作品は、明和電機をモチーフにした二次創作、二次工作であること。
◆出展料:無料  (販売があった際の売上もいただきません)
◆お申込み締め切り日:3月30日(金)
◆お申込み方法
  表題を 「ジョイフル明和出展申込み」 とし、以下の「お申込みメール記入内容」
  もしくは添付の「出展表」に必要事項をご記入いただき
  明和電機メール(mail@maywadenki.comまでお送りください。
★応募フォーム (PDFデータ)

joyful_maywa.pdfをダウンロード

★お申込みメール 

 
 
1 出展名 (店名やハンドル名など)  
2 お名前  
3 お電話番号  
4 ご住所  
5 Eメールアドレス
6 出展作品の詳細・・・作品の形や大きさなどを具体的にご連絡ください。
  ①作品形態のイメージ図または写真 ②作品の大きさ  ③数量  ④販売の有無 
7 出展作品の展示方法 
     ※床置 壁面 台置 のいずれかをご連絡ください。
     ※展示台を持ち込み予定の場合、その旨をご連絡ください。
8 電源の有無  
9 希望展示スペース (例 50cm×60cm など)
10 その他展示に関する備考
 
◎注意事項 ※必ずご確認ください
・作品の展示、監視、及び販売に関する金銭のやり取りはお客様ご自身で行っていただきます。
・作品の破損や盗難等のトラブルは一切責任を負いかねます。
・展示台は高さ70センチの机のみご準備いたします。
・その他の展示に必要な台、小物、キャプション等は出品者でご準備いただくようお願いいたします。
・展示小物としての明和電機作品の貸し出しは行いません。
・壁面展示作品は紐をつけた状態でお持ちください。
・原則、作品の大きさ、重量に制限はございません。
 ※ただし極端に大きいものは別途ご相談させていただくことがございます。
 
・応募者多数の場合、展示面積や展示方法等、ご希望に添えない可能性がございます事をご了承ください。
・また、さらに応募者多数の場合は、出展者を抽選で選ばせていただくことになる可能性もございます。
 

.

イッセイミヤケ”ELLTB TEP”で「オタマトーン展」

Otamtone_logo

銀座のイッセイミヤケのセレクトショップ「ELTTOB TEP」で、オタマトーン展を開催しています。天井からオタマトーンを200本ぶら下げるインスタレーションと、オタマトーンジャンボ、ワッハゴーゴー、そしてジオラマなど、オタマトーン関連も展示。

Otama_01_2

 

イッセイミヤケさんから展示のオファーをいただいてお店の下見をしたとき、天井にたくさんの釣り金具があるのが気になりました。「これはなんですか?」とスタッフの方にお聞きしたところ「什器をすべて天井から吊る、というコンセプトで作った店なんです。その吊り金具です。」とのお答え。そこでピーンときたのが、「この吊り金具の全部からオタマトーンがぶら下がってたら、おもしろかろうなあ・・・」というイメージでした。

Otama_03

 

さっそくプランのイメージスケッチをお見せしたところ、「いいですね!」と決定。問題は200個のオタマトーンをどうやって集めるか?でしたが、㈱キューブさんからご提供いただけることになりました。やったね!

テキサスから戻ってそのまま展示作業へ。工員さんたちと手分けして4時間ほどで展示作業完了。とてもかわいらしく展示できて、うれしい!
会期は4月11日まで。ミニライブもあります。また、このあと大阪のELLTOB TEPでも展示を行いますので、関西のみなさま、どうぞお楽しみにー。

Otamatone_launch


OTAMATONE展

2012年3月15日(木)− 4月11日(水)
上記期間中、アートユニット「明和電機」による"オタマトーン"を使ったインスタレーションをおこないます。"オタマトーン"は、音符の形をしたおもちゃのような見た目ながらも、曲を弾く事が可能な電子楽器。様々な音楽ジャンルにコスプレしたジオラマも登場します。
また、3月24日(土)には「明和電機」によるオリジナル楽器を使ったライブ・ミュージックイベントもおこないます。こちらはメールでのお申込みとなりますので、下記ご参照のうえ、ぜひお越しください。

ライブ・ミュージック「明和電機 製品デモンストレーション」
日時:3月24日(土) 19:00会場 19:30開演 
※当日は準備のため17:00に閉店いたします。
参 加 費:無料
応募方法:3月18日(日)までに下記内容をginza-event@imi.isseymiyake.com宛にメールでお送りください。
・参加ご希望の人数
・氏名(よみかな)
・年齢
・性別
※ ご希望者多数の場合は抽選とさせていた

明和電機のテキサス旅行 

Hakonde

テキサスで開催されるイベント「SXSW」に出演することになりました。トークとミニライブ、そしてセグウェイの開発者、Dean Kamenさんと対談です。

「場所はテキサスか・・・まてよ!テキサスといえば、ドナルド・ジャッドじゃん!」ということで大興奮。

ご説明しますと、その禁欲的な理性のエロスがほいとばしる20世紀の偉大な彫刻家ドナルドジャッドが、晩年きずいた聖地がテキサスのマーファにあるのです。とにかく前からそこにいきたくてしかたがなかったのです。

ということで今回のテキサス旅行は、まずはロサンジェルスからテキサスのEl PASO空港に飛び、そこから車でドナルド・ジャッドのマーファへ。そして再び車で半日かけてSXSWの開催されるオースティンへ向かうというロードムービーのような旅になりました。

今回は社長の一人旅。SXSWで講演とミニライブを行うため、ふたつのスーツケースに必用最小限の荷物を詰めての出発。さすがに楽器機材と自分の荷物を入れると、それぞれ32kg。これが実は超過料金ぎりぎりだということに、空港について初めて知りました。

過去に二回も飛行機に乗り遅れるという事件をおこしているため、今回は早めの空港に到着。ところがいきなり第一ターミナルと第二ターミナルを間違えるという失態!あわてて連絡バスに乗って第二ターミナルへ急ぎました。

登場受付で手続きをしていると「お客さま、ESTAが切れてます」といきなりの指摘。へ?昨年の11月にアメリカにいったときとりましたけど?と思うが、切れたらしい。とにかく入国には必用なESTA。係の方から「パソコンはお持ちですよね?では今すぐネットで取得してください!」と指示され、あわてて手続き。ところが搭乗締めきりまであと20分。これはまずい。

頭の中に「ミッションインポッシブル」のテーマソングが流れる中、ひたすらキーボードをたたいてESTAの処理。完了してすべり込みで受け付けで登場手続きをすませたが、あと5分でアウトでした。やばいやばい。

ロサンジェルス空港で4時間のトランジット。さすがに寝不足で頭が朦朧としてきたので、空港中のスタバで仮眠。となりにいた空港清掃員に「私は昔海軍で日本に5年いた。日本最高ね!」というトークを寝むたい頭で聞いてました。いよいよ空港からエルパソまで小型ジェットで移動。搭乗すると英語でない聞きなれない言葉が飛び交う。そうかメキシコの国境近くへ飛ぶので、スペイン語か。

_dsc0002

_dsc0001

EL PASP空港につくと、今回SXSWでお世話になるTOFUプロジェクトのトモさんと、マーファでお世話になるマイクさんと合流。空港についてびっくり。黄色い砂嵐で、太陽もかすんで見える。つい10日まで青森にいたときは豪雪の吹雪、世界が真っ白だったが、それと同じように、こんどは世界が砂で黄色い。これがメキシコか・・と感慨にふける。3時間のドライブでマーファへ移動。

途中ウィリーネルソンがマリファナで捕まったことで有名なドライブインでジュースを買って、あとはひたすらマーファへ。途中国境警備で車を止められるという事件もあったがとにかく無事マーファへ。

_dsc0014

_dsc0028

マーファの街に入るとき、砂漠の真ん中に「プラダ」の小さなショールームがあった。砂漠の中に夜中なのに電気が灯るその風景は異様で、なんだこれは?こんなとこにお客がくるのか?と不思議がっていると、マイクさんがこれは現代彫刻だとの説明でなっとく。満月の夜にぽっかりと荒野に置き去りにされたショールームが幻想的でした。

.

明和電機 事業報告ショー2012 開催!!

2012_jigyoshow

明和電機の一年間の活動と、これからの一年の活動計画を報告するイベント、「事業報告ショー」を今年も開催します。

昨年の事業報告ショーは、震災の直後でした。さまざまなイベントが自粛される中、「こういうときこそやるべき!」と、電気を使わない改造自転車による人力テクノの演奏でオープニングを行いました。あれから一年。すべてのクリエーターのみなさんが自分の創作の意義を自問し続けたことと思いますが、僕も考え続けましたね。

振り返れば、初の海外大型展や、たくさんの海外出張、ライブを行って、「外から日本を見る」一年でありました。そして一方で7年ぶりに国内ライブツアーを行い、地方のみなさんとの笑顔をたくさん見ることができた年でもありました。

明和電機は来年20周年を迎えます。その節目に向けて、本年は「作る」ことに専念する年にしたいと思っています。そんな社長の一年間の思いとこれからの野望を、ナンセンス楽器の演奏と爆笑のプレゼンテーションでご紹介します。みなさま、ぜひご来場ください。

  • ◎日時:2012年4月6日(金)  開場18 :30/ 開演19:00
  • ◎場所:五反田文化センター 音楽ホール(東京都品川区西五反田 6-5-1)
    ※JR山手線「五反田駅」 徒歩15分
    ※東急池上線「大崎広小路駅」 徒歩10分
    ※東急目黒線「不動前駅」 徒歩7分
  • ◎入場料金(全席指定):前売¥2,500 / 当日¥3,000
    ※電協組合員先行発売あり
    ※2月15日チケット一般発売開始
  • ◎チケット取り扱い
    ・チケットぴあ:0570-02-9999 / Pコード:620-660
    ・チケットよしもと:0570-041-489 (自動応答システム) / 0570-041-356 (オペレーター) 受付時間10:00〜18:00
  • ◎公演に関する情報・お問合せ:チケットよしもと 0570-036-912 (受付時間10:00〜19:00)

.