シャレ・デオゴール男爵 開発物語

_03_72dpi_2

「平成マシンの会」では世界初登場したシャレ・デ・オゴール男爵。このロボットはいったいなんであるかを、ご説明します。

 

Photo

一言でいえば、「遠隔地からお酒をおごるシステムを内蔵したロボット」なのです。

 

02

例えばあるパーティー(今回の”平成マシンの会”のような)をあなたが見ていたとします。その出演者や会場の誰かに、「あ!こいつにお酒をおごってやりたい!」と思ったとしましょう。

もし会場にシャレ・デ・オゴール男爵がいたとしたら、ネットから「シャレ・デ・オゴール男爵

のページ」をひらきます。

 

Photo_2

注文ページにて 「 ①誰に」 「②なにをおごりたいか」 を選択します。そしてpaypalを使って酒代を払います。このときあなたからのメッセージも画面から書き込みます。

01

するとその注文情報がインターネットを経由して、シャレ・デ・オゴール男爵に届きます。男爵の頭の回転ランプが点灯し、口からはあなたのメッセージが書かれたオーダーシートがべろーんと出てきます。これがお店にとどくことで、お酒が運ばれ、「おごる」が完成!!

USTREAMの画面には「お酒をおごってくれてありがとう!」と喜ぶ相手の姿がリアルタイムでみれるわけです。

 

 

■開発の経緯

この「遠隔地からお酒をおごる」というシステムを開発したのが、TokyoGameNight!の発起人、宮尾 英水さんと、エンジニアの花山 慎一(OPENSPHERE Inc.)さん。

宮尾さんが立ち上げたTokyoGameNight!!(TGN)』。配信視聴者数で世界TOPクラスの人気を誇るこのイベントで、配信視聴者とイベント参加者に「もっと楽しんでもらうため」に作ったシステムが「奢られ君」でした。

 

Photo_3

視聴者が配信画面の中の人々に直接「お酒」と「コメント付きのレシート」を送る(奢る)事ができるというシステムでした。おごってもらった人も、お礼やコメントの反応が聞けたりします。
ネットからの愛のあるコメント、バカなリアクション等が飛び交い、イベントが異常に盛り上がりました。

 

「このおごられ君をもっと面白くする方法はないか・・・」

と考えた宮尾さん、そこでピーン!ときたのが明和電機の”電動楽器”だったそうです。

「昔からネット上の寄付バナーなどは有りましたが、イマイチ、面白みと盛り上がりに欠けていました。”奢られ君”をTGNで使うと何時間もシステムが止まらないくらいネットからドリンクが奢られて来て、大変盛り上がりました。これは、"何で盛り上がったのだろう?"と考えていると
明和電機さんの”デジタル信号で動くアナログ楽器”と同じだと思いうに至りました。”デジタルな事の最後”をアナログなエンターテイメントにすると途端に分かりやすく、面白くなるという点で同じだと思ったのです。」

明和電機社歌が歌える程のファンで有った宮尾さん、すぐに明和電機に相談にきました。

 

 

20120626_124943_541

宮尾さんのお話を聞いた、わたくし社長。これはバカバカしくてすばらしい!と感動。

宮尾さんの言うように、最後の出力の部分をプリンターではなく、何かキャラクターにした方がいいのは?と考えました。

お酒をおごってくれるキャラクターといえば「勝新太郎」しか思いつきませんした。でもそれでは著作権の問題があります。次に思いついたのが上図。「あちらの方に・・・」とお酒をしゅっと滑らせる奴です。これはいいアイデアでしたが、グラスが割れまくることまちがいなしなので、ボツ。

 

 

20120523_180646_818

うーん・・・と悩んでたときにピーン!とひらめいたのが、「シャレ・デ・オゴール」という偉そうな人が庶民に奢ってくれるイメージ。きたあああああ!と思いました。

久しぶりの名前から入る製品開発のはじまりです。(過去だと魚コードね)

 

 

20120619_132952

いろいろキャラを考えましたが、一発でおごってくれそうなのは、頭にお酒が乗ってるキャラだろう!ということで、このイメージに決定i

__01

こうして宮尾さんと花山さんが作った「奢られ君」をインサイドしたシャレ・デ・オゴール男爵が完成したのです!!

最近はクラウドファンディング(ネット経由での投資)がはやっていますが、このシャレ・デ・オゴール男爵も、クラウドからお酒をファンディングしてもらうシステム。しかしそこで作りあげられるのが、「ただの酔っぱらい」という点が大爆笑です。

いつか「シャレ・デ・オゴールBAR」とかができて、タダ酒飲みたい人が、ぼーっとたたずんでるのを想像すると心がなごみます。

 

20120625_200915

ちなみにシャレ・デ・オゴール男爵のボディの部分はスーツケースです。そしてなんとこの中にすべてのパーツが収まります。なんてコンパクト!!

というわけでございまして、「シャレ・デ・オゴール男爵&おごられ君」を、ぜひうちのパーティーでも使ってみたい!という方は、宮尾さんにご連絡ください!!

あなたのパーティーにも男爵(バロン)を呼んで、ベロンベロンになろう!!

.

渋谷で飲むぞ!~メカ好きによるメカ好きのための男子会~

_2012_6_13_480

9

最近は女子会があちこちで盛り上がってますねー。いいですねー。うらやましいですねー。

ならば!

男子会をやってみようかと。それも日ごろからナンセンスマシンを開発してる、メカ系エンジニアの知り合いを呼んで、「M6のタップ、これまで20本は折ってきました~!!」みたいな、女子で言うところの美容液自慢みたいな、細かすぎてわからん話で盛り上がってみようかと!!

というわけでございまして、渋谷にあります、おっしゃれ~なモノ作りカフェ「FABCAFE」にて、なんと男子限定のトークイベントを行います。題して、「平成マシンの会」!!

2012

司会進行は、わたくし、明和電機社長。オタマトーンDXの秘話や、最近開発したマシンなんかのメカ話をしたいと思います。


Tasko_kimura__a

そして出演者その1の、KIMURA氏。明和電機の強力サポートメンバー(三代目コイビート奏者・ギター担当)でもあり、エンジンやモーターを使った動力系脱力マシンの名手でもあります。最近はさまざまなメディア・アートの技術アドバイザーでも大活躍!

Mashitomi






出演者その2 ましとみ氏。 拍手マシーン「音手」で、なんと世界的なメディア・アートの祭典「アルスエレクトロニカ」のオープニングを飾り、最近急上昇の爆笑ナンセンスマシン・エンジニアです。メディアアーティストの一方で、ヒーロー「マシトミン」として、地球を悪の裸族・「筋肉元締め」から守るべく、日々戦っております。あ、当日は「筋肉元締め」も、攻めてくるそうです。


_03_72dpi

出演者その3 シャレ・デ・オゴール男爵。彼の特技は「タダ酒をおごる」こと。彼の現れるところ、泥酔と狂乱が巻きこるという、謎のロボット男爵。この平成マシンの会が日本発登場なのだそうです。いったい何人がゲロるのか?その中に、社長もいるのか?今からドキドキしております。

さあ、こんなイカレポンチな4人で贈る、「平成マシンの会」。
みなさまのご来場をお待ちしております!!

参加費は、500円。やっすううううううう!

参加される方は、自分が持ってる「工具」を持ってきてください。なんでもいいです。カッターでも爪切りでも、耳かきでもOK。「これがおれの工具」といえるなら。
メカなんかわからん男子の方もぜひ!この機会に機械に触れましょう。男爵にタダ酒をおごってもらいましょう。

合言葉は、「くらんくしゃふとおおおお!」

女子の方は21:00からの懇親会からご参加いただけます。
飲みたい方はぜひ!!
USTも当日行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~渋谷で飲むぞ!メカ好きによるメカ好きのための男子会~

「ホームセンターにいったら3時間はもどらない」「クランク機構を見ながら飯を3杯食える」「オリエンタルモーター最高!」・・・そんなメカ系男子のみなさんに明和電機が贈る、男子限定イベント、それが「平成マシンの会」。

日ごろ悶々とため込んだメカ系アウラをみんなで解放しましょう!「おしゃれな渋谷なんていけない!道玄坂なんて怖くて歩けない!」って思って内気なそこのアナタ!面白マシンとトークショーを仕込んでお待ちしてます。飲もうぜ!合言葉は「クランクシャフトおおおお!」。

*平成マシンの会とは、オタマトーンやワッハゴーゴーでおなじみの明和電機の土佐社長、今世紀マシトミンで今話題の高橋征資、ロボットアーティストのKIMURAによって結成された「明和電機チーム」によるメカ好きのためのスペシャルイベントです!お酒あり、トークあり、ライブパフォーマンスありのこのイベントで、たまりにたまったメカへの愛を明和電機チームと語り明かしましょう!

※基本女子禁制

※ご来場される方は何らかの工具を片手にお越しいただけるとより楽しめます

■タイムテーブル

1)パンチくんダンス
2)あいさつ
3)シャレデオゴール男爵登場
4)出演者入場
5)アーティストプレゼンテーション
6)クロストーク&質疑応答
7)しめの歌

■懇親会(同会場21:00~/有料)
※懇親会は女性の参加OKです。

■イベント概要

日時:2012年6月26日(火)19:00-21:00(18:00開場)
場所:Fabcafe access
参加:ワンドリンク制(500円~)
出演:明和電機チーム
    土佐信道(明和電機社長)
    KIMURA(アーティスト)
    高橋征資(バイバイワールド)
          シャレデ・オゴール男爵
協力:草原真知子(早稲田大学教授)
   宮尾英水(システム担当)
   花山慎一(システム担当)
主催:OpenCU

.

メカ打楽器とベース <血ユリ団でKENKENとライブ>

Photo_2

                                                                                           SALE

昨晩は、「血ユリ団」という初期昭和のカルチャー&ファッションのムーブメントの旗揚げイベントに参加しました。僕の楽しみは、ひさびさの鳥肌実氏のパフォーマンスと、RIZEのベーシスト、KENKENとの二人きりのガチンコ楽器セッション。

ひさびさの鳥肌さんの演説は、涙が出るほど笑った。マイク一本であれだけ人を引きつけられるのはすごい。「軟弱ツイッターなんてやってられるか。あたくしにとってダイレクトなコミュニケーションとは、2chで誹謗中傷されることである!そのために自分でスレッドをたてる!」という、自分に対して「ドS」な、「どM」をご披露しておりました。深く納得。

そしてそのあとのベーシスKENKENとのライブ。これがねー、よかったんですわあ。

もともとKENKENとは、彼がソロCDのプロモーションPVをとったときの宇宙船セットのデザインのお手伝いをしたことがきっかけ。でも直接あったことはなく、先日初めてRIZEのライブにおじゃまして、楽屋ではじめてごあいさつしました。

ご存知のように明和電機の楽器の基本は100Vでガンガンモノをたたくこと。このビート感とKENKENのバチコン決まるベースのビートは絶対あうと思う!と思っていました。そして昨晩は念願の二人セッション!

いがった。ほんといがっだ。

マシンビートにガンガンはまってくるベースライン!こちらのアイデアにすぐに別のアイデアを加えてくるレスポンスの速さ!オタマトーンもうなる!ときにメロディアス、ときにインダストリー、うきゃああ!オモチャ箱をひっくりかえしたような、面白さやあ!

もともと僕は性質的にベーシストと会う。兄ちゃんもベーシストだったしね。なんだろうなあ、ベースとドラムだけっていうのが、彫刻的にいいだよなあ。KENKENの演奏を見ていると僕はジャコパスを思い出します。破滅的で、ロマンチックで。

ほんと「童心に帰る」とはこのことか!と納得する夜でした。

.

.