チーズケーキと外国紙幣 <初夢>

image

 

僕の2013年の初夢です。5本立て。これはどういう意味があるんだろう・・・

初夢 1

二人の女性からプレゼントをもらう。開けて見るとひとつは白いチーズケーキ。運動場の真ん中で食べる。もうひとつを開けると、ビニールパックにぴっちり詰まった、知らない国の紙幣と切手。こちら受け取れない、と思い、それをくれた女性を図書館のような建物に呼び出す。「プレゼントでお金は受け取れないんです。いったいいくら入ってるんですか?」と言うと、「四万円ほどです。ダメなんですか?母もそれがいい、と言ったですが」と女性が怒り始める。これは困ったと思い「僕はモノを作って、売って、生活しています。だからいきなりお金をもらうのはダメなのです。」と説明。不服そうな女性。「じゃあ、わかりました。何か作品を作ってお渡しします」。そう言いながら僕は壁の時計を見る。これから大量のニラ饅頭を作る仕事が待っているからだ。しかし納得できない女性は、最後に「お茶を濁された」と言って去って行った。

 

初夢 2

道を歩いていると、鉄の溶接で作ったワイルドな額の真ん中に、スプレーでざっくりと星が描かれたアートが飾られた工場が。さらに歩いていくと、工場にはいろんな工作機械と一緒にさまざまな溶接アート。どうやら趣味で工場の職人が作ったものらしい。どんどん歩いていくと視界が開け、セスナに抽象画をペイントしていた。

初夢 3

海を横断する、巨大なつり橋の真ん中にいる。そこからラジコン飛行機を飛ばそうとすると、アーティストの八谷君に、「法律でここから飛ばしたらだめなんだよ」とたしなめられる。

初夢 4

明和電機のライブのリハーサルを高校の校舎で行うことに。スタッフが足りないので、知り合いの有名な劇団からひとり助っ人を頼む。当日やってきたのは、僕も見たことがある茶髪の若い役者さん。彼は教室に入るなり、「ここは高校なんですね」と目を輝かせる。うざいなあと思いながら、楽器を配置するために机を後ろに下げる作業をお願いする。今回はドラムの配置が上手(かみて)で、中央じゃないんだ、と思った。

初夢 5

蛍光灯が消えていて暗い部屋に、アートのコンペの審査員に呼ばれる。メガネをかけた固そうな運営委員の方が、途中から審査の話ではなく、そもそもこのコンペの運営は正しいのか?という議論をはじめる。それは審査員にする話ではないでしょう、と審査員一同、怪訝そうな顔をする。

リフォームしながら天城越え

image

明和電機アトリエは12月、事務所スペースと社長室をリフォームしました。とにかく明和電機二十年の歴史が生んだ、カオスな資料や書類(お弁当屋さんの大量の割引券とか)を整理し、新しい机や本棚を設置し、すっきりいたしました。

この「リフォーム体質」がしみついてしまった社長。その「ダンシャリズム」の意識は、冬期休暇に入ったとたん、自宅へと向かいます。

「部屋もリフォームするか・・・」

そんな思いにいったった12月28日。そのときのイメージは年内にリフォームを終え、きれいになった部屋で、余裕の紅白歌合戦で「天城越え」を堪能!のはずでした。しかし、そのビジョンは脆くも崩壊。12月31日は電動ドリルを片手に作業しつつの「天城越え」でした。

最大のミスは、制作した整理棚の寸法まちがい。丸二日かけて作った自慢の棚が、なんと壁の間にはまらない!ノオオオオオオ!泣いたね。これは。

原因は後からわかりました。部屋がゆがんでいたんです。壁と壁が微妙に並行ではなく、1センチもずれていました。マンションだから精度があるだろうと思いこんでいた自分がおろかでした。

日頃、明和電機は機械の設計・開発をしてるので、精度には敏感。部品が1mmずれるなんてことがっあったら「なに?なに?気が抜けてんじゃないの?かああっつうう!」と自分に気合を入れるのがデフォルト。それからすると「1cm(=10mm)ずれる」なんて、「あなた、ものづくり辞めたら?」と最後通告レベル。

でも、家って、もっとざっくりできてるんですね。すごい勉強になりました。

今日は元旦です。でも、ずっと棚を作りなおしたりして一日が終わりました。

僕に2013年がやってくるのは、このリフォームが終わってからのようです。

 

 

 

 

謹賀新年 2013 

 

新年あけましておめでとうございます。

今年は明和電機、会社設立して20周年になります。ふりかえれば「パチモク(ユビパッチン木魚)」のように、20年変わらず使い続けた製品もあれば、オタマトーンのように、創立当時は想像もしなかったタイプの製品も生まれました。こうした20年間でつちかった「伝統」と「革新」の技術を生かし、さらなるナンセンス・マシーンの開発に精進したいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。

明和電機代表取締役社長 土佐信道