明和電機 – Maywa Denki

最新ニュース    News Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~


Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~に出展します

 
■会期:2022年9月1日(木)~11月23日(水・祝)
■会場:国立民族学博物館 特別展示館
■開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
■休館日:水曜日(※ただし、11月23日(水・祝)は開館)
■観覧料:一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料

公式ページ:https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/19085

関連イベント

【みんぱくウィークエンド・サロン 殺魚棒とオタマトーン】 明和電機 土佐氏は、1992年にみんぱくにて殺魚棒に出会い「道具としての芸術をつくる」と決意し、現在のオタマトーンまで続く明和電機の軸を生みました。今回のサロンでは、殺魚棒とオタマトーンという「顔がある道具」をとりあげ、道具における機能性と呪術性について解説します。
■日時:2022年9月18日(日)14:30~15:30(14:00開場)
■場所:国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
■定員:42名[当日先着順/申込不要]
※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。
また、定員になり次第受付終了します。
■参加料:無料(ただし、展示観覧券が必要です。)
■お問い合わせ:国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)

公式ページ>https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/35485
【シンポジウム インターアクティブ・シンポジウム「生物としてのヒトと言語について考える」】
■日時:2022年10月9日(日)