皿回しの話 (DJじゃないよ)

Photo

ようやく、風邪から復活しつつある社長です。

今日は、アトリエの大掃除がなんとか終わりました。

あらためて思うのは、自分が作った機械の多さ。

明和電機をはじめて16年、たぶん200体ぐらいあるんじゃないか?

「まったく役にたたない機械」。

明和電機は、作品は売らず、そのマス展開やプロダクト展開で

商売をしていますから、オリジナルのマシーンはすべてアトリエにあるんです。

Photo_2

で。

なにが大変かというと、メンテナンス。

機械が増えれば増えるほど、その作業も増える。

これはまるで

「皿まわしの皿を、増やしていく」

ようなものです。

おそらく僕が死んだら、誰もメンテナンスはしないでしょう。

お皿は、回転を止めて、すべて床に落ちて、こっぱみじん。

それも運命。しかたがない。

生きているうちは、僕はナンセンスマシーンを作り続けるでしょう。

これは止まらない。

「アイデアが、枯れたりしませんか?」と聞かれるときがありますが、

「アイデアを実現する時間の方が足りない」と、答えています。

僕が3人いればなあ・・・・・はかどるのになあ・・・・

とよく思います。

皿回しの話 (DJじゃないよ)” への1件のコメント

  1. 3トサいたら、残りの2トサが黙って働くとは思えないです。
    そのうえ、
    「3人いるからこそ、アレが出来るじゃん!!」
    とかを始めて、皿の枚数は3倍どころか3乗…。
    ただ、「こっぱみじんになるにしても、枚数が多い方が派手で面白い」というのはあるかもしれません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。