レベッカ・ホルン展

Photo

来年の2月に始まる「アルスエレクトロニカ展」の打ち合わせのため、
東京都現代美術館へ行った。

ちょうどレベッカ・ホルン展を開催しており、打ち合わせの後、会場へ行った。

機械を使った作品だが、そこには「詩」や「質感」がある。
最近は、めっきり現代美術作家で「詩」を持った機械を作る人が減ってしまった。
いくつか原因がある。

1 デザインの延長線上でアートを作っている人が増えたため。
  本来、モダンデザインはオブジェから詩を排除している。その影響。

2 工学系アーティストがメディアアートの分野になだれ込んできたため。
  彼らに詩は、まったく理解できない。

3 市場にのりやすい絵画・オブジェ的な作品を作る作家が増えたため。
  機械作品は、壊れやすく、市場に乗りにくい。さらに開発費がかかる。
  技術力がいる。

4 機械や理性や詩よりも、「狂った個人の情念+ジャポン」こそがアートだと
  主張する単細胞なコレクターが増えたため。

こうした現状なので、アート界を見ても、別にしびれるような作品に出会うこと
はない。
特に、中国系のアートには、「詩」はまったく感じられない。情念やパワーは
あるかもしれないが、美しいとは思えない。市場は中国に流れているので
メディアは食いつくが。

そんな時期のレベッカ・ホルンは、見ていてほっとする。

機械は人間に対し、ふたつの仕事をする。
物理世界に対する仕事と、精神的に対する仕事だ。

精神に対して仕事をする機械には詩がある。

ほんとうにその詩を見る機会が減った。
マシンエイジは終わったということか。

レベッカ・ホルン展” への5件のコメント

  1. レベッカ・ホルン展まだ行ってないんです。
    行かなくちゃ。
    そして息子は知花くららさんの番組を何度も見て
    「アルスエレクトロニカ展」にてKNOCK!が体験できる日を
    心待ちにしています。
    ワークショップとかもちろん計画してますよね?
    楽しみにしています!

  2. 「詩」は、いろんなところから消失しつつあるのかもしれませんね。
    「うつくしい」という言葉があまり聞かれなくなったような気がします。
    このエントリーを読んで、その流れでYouTubeでレベッカ・ホルンさんの作品を拝見していたら、胸がきゅーんとしてきました・・・。

  3. 2回も見に行っちゃいました。
    一つ一つの中に「詩」がしっかりと存在していたように感じました。
    その「詩」が語りかけてくるコトで物がしっかりと意味を持って存在して来るのだと再確認しました。
    久しぶりに良いもの見させて頂きました。
    骨展のマシーンも好きでしたよ。
    また、良いもの見させて、聞かせて、感じさせてください。
    楽しみにしています。

  4. こうした世界は、正直素人なんですが、社長さんの説明で、少しだけ理解ができたように思います。
    特に、4の機械や理性や詩よりも・・・は、なるほど、と。。。
    狂った個人の情念>そういうのがあふれているから、
    あまり興味を持てない、というのもあります。
    どの専門分野も、近い専門分野とリンクしていく部分はありますが
    勘違いが生まれやすい面があるかも、
    詩のある作品、美しさを感じさせる作品が、もっと増えていくといいですね。

  5. 詩がどうこう、素朴なご意見ですね。
    いろいろおっしゃっていますが、明和電気が上記の批判にたいしてすごく当てはまるアーティストだと思います。
    また工学系のアーティストが詩を理解していようが関係ないんでは。
    詩が存在するかどうかなんでしょ?
    詩とか理解がどうこうとか、それこそオリエンタリズムに懐柔されやすいレベルひとたちとたいしてかわらない意見だと思います。
    あんな詩がどうこうとかはハイアート保つための戦略でもあるのに、いちいち真に受けて発言するってのは戦略がなさすぎて、西洋文化のアカデミズムの波の上でサーフィンでもしたいんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。