なぜ歌う機械を作るのか?

Photo

「そもそもなぜ、歌う機械を作るのですか?」
と、ボイス計画展のトークショーの後、観客の女性に聞かれた。

そうか。歌う機械を作ります、という宣言をして、その思いに至る開発の経緯を展示で紹介したのだが、僕が歌う機械を作る根源的な欲求が、彼女にはわからなかったようだ。

外堀を埋めるような理由としては、「いろいろ楽器を作ってきたけれど、やっぱり最後は人間の声という、”肉の楽器”を作ってみたい」というのがある。生物学好きな僕としては、バイオメカニクスの典型である人工声帯、フォルマント、そしてそれの制御プログラムは、なまめかしい機械としての魅力がそこにはある。エンジニア的な制作欲求もあるし、澁澤龍彦のような好奇心もある。

答えとしては、これで充分なのだが、実際はそう簡単にはいかない。

たとえば僕は1995年ごろから2001年まで、「サバオ」というキャラクターに取りつかれていた時期がある。13週目の胎児のキャラクターで、最終的には、そのキャラクターのマスクをかぶり、歌い踊った。明和電機という受け皿があり、普段の僕が「社長」という理性的な役を演じているので、30歳後半の男性が奇妙なマスクをつけて歌い、踊っても、「へんな奴」ですんだが、これをたとえば村社会の中で突然やったら、狂人である。

僕自身の中では、胎児のマスクをかぶり、歌い踊ることは、必然であった。その論理性を説明しろ、といわれれば、答えられる。拙書「魚コードのできるまで」では、簡単にそれについて書いた。だが、その論理性そのものも、一般の方は理解しにくい。共感のベースそのものが違っているからだ。

一事が万事である。

魚に声を取られた漁師。
13週目の胎児の仮面をつけて歌う儀式。
女性器に似た形の、声を出す器官を顔に持つ、歌う機械。
オスの服従と威嚇の象徴である「咆哮」をあげる犬の装置
すべての共感を遮断する笑い声を発声する装置

「声」というテーマで、ズバンと切り取ったこれらの不可思議な現象たちを、すべて理解してください、というのは難しいことである。まじめにやったら、そのテーマひとつひとつだけで、展覧会を開催できるほどの圧縮率がある。ぶっちゃけ、僕自身もその全体を追い切れない。

ボイス計画宣言展は、俯瞰であり、過去と未来の一部であり、鑑賞者の居場所を決めにくい展示であったと思う。ただ、今、僕が、やらなければならない展示だったことは確かである。

さて、冒頭のセーモンズⅡのイメージ。
次回の展示会では、「アルミニウムの銀と、カーマインの赤が反響した、歌う装置の実験部品たち」をずらりとならべてみたい。またもや不可思議が増えてしまうかもしれないが・・・・これは仕方がない。

なぜ歌う機械を作るのか?” への5件のコメント

  1. いつも社長の作品をトキメキつつ拝見している私ですが…
    『サバオマスク踊り』だけは『ワカラン(笑)オモロやけど☆』と思っていました。
    が。必然だったのですね。笑
    今後どうなるかとても楽しみにしています☆
    そして私ごとですが社長のイベント情報知りたさに超今更ですがツイッターのアカウント取得いたしました!笑
    なるべく早く情報をつぶやいて頂けますとお休みが取れるので物凄い嬉しいです。
    宜しくお願い申し上げます☆
    (長々失礼☆です)

  2. ボイス計画展に至る流れが良くわかりました。勿論、全てが理解できるわけではないですが、とても興味深く読ませていただきました。
    これからの展開が楽しみです。

  3. わぁ!
    今生物を教えている身として、また音楽を演る身として、社長とお話できたことは本当に貴重な体験でした。
    誰でもピカソかな?テレビで拝見した時から「外堀の中」が気になっていたので、一端でも聞く事ができて本当に嬉しいです!
    いただいた刺激を負けずに使わせてもらおうと思います!
    また、ぜひ邂逅したいです。いや、今度は目的を持って。
    部品も見てみたいですしね!

  4. 音楽とも工学とも生物学とも縁遠いですが、ここを訪れる度に、私も(”も”なんて失礼でしょうか)頑張ろうと思います。
    創作活動に対する向き合い方の勉強になります。
    これが必然、と言える自信があるから、明和電機さんは魅力的なんですね、と改めて発見させていただきました。

  5. 言葉で説明して、相手の頭の中に再構築してもらうと言うのには限界があります。言葉で説明できない物があるから。たとえば良いから良いとか嫌だから嫌だのたぐいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。