パットメセニー!

Cimg0567


行ってきました。パットメセニーの自動演奏コンサート。もーね、感無量です。
僕がパットメセニーに出会ったのは、「スティルライフ」のころ。今から20年ぐらい前かな?ちょうど明和電機をやろうかどうか、迷っていた学生のときでした。そのころは、漠然とした未来に対する不安と、おおいなる希望みたいなものがごちゃまぜになってて、筑波の原野の吹きっさらす風の中で胸をはっていた。そのときのBGMとして、このアルバムがぴったりだった。


そのパットメセニーと、まさか「メカ楽器」でお近づきになるとは!とにかくご存じない方は以下の動画をごらんください。



なぜ?なぜ?いきなりメカ楽器?パットメセニー自身も、ライブトークで、まわりから「お前、気でも狂ったか?」と言われたそうです。

Cimg0564

コンサート会場には積み上げられた楽器たち。それらがすべてコンピューター制御で動き、その伴奏に合わせてパットメセニーが3時間ほど弾きまくり。とにかく明和電機としては


「壊れない」
「機械のノイズがない」



というだけで、まずは驚きでした。


そしてなにより、”音楽家”としてのパットメセニーが強く印象に残りました。人間を排除して、機械だけになった分、作曲のアルゴリズムが見えてくる。あらかじめ打ち込んだ曲に合わせての演奏もすばらしかったが、途中で何度か演奏した、リアルタイムに打ち込みをしながら曲を作っていくインプロビゼーションでは、「公開!パットメセニーサウンドの秘密」みたいな感じで、すごく面白かった。


メカニックな技術の完成度もすばらしいが、それ以上に「制御の勝利」を感じました。動く機構の部分ではおそらく30年までも可能な技術ですが、それをリアルタイムに制御し、かつ、まったく演奏の送れなく再現するコンピューターのパワーは、やはり今じゃないとできないコンサートだったと思います。


ネタばれになりますので、あまり内容には触れませんが、とにかくおもちゃ箱の中でキャッキャとはしゃぐ子供のような、ヨーロッパの大道芸のハイグレード版のような、ステージでした。


楽屋におじゃまし、明和電機のDVDなどで楽器を見ていただき、オタマトーンをプレゼントしました。
明和電機の「歌うロボット」。コーラス隊として、メンバーに入れてくれないかなー。

パットメセニー!” への10件のコメント

  1. おー♪ 本当に楽しんでいらした様子が文章からもかんじられます。
    パットメセニーの楽曲聞いてみたいのですが、社長のおすすめはありますか?

  2. はじめましてです。
    ブログ更新新着の画像一覧をボーッと見てて、
    「え?パットメセニーて、あのパットメセニー??」
    とクリックしてみたら、明和電気さんのブログで2重にびっくり。
    いつのまにヨシモトに?!(スミマセン無知で)
    こんなユルさですが、15年くらい前から、ユルく好きでした。
    これを機会に、注目していきたいと思います。
    パットメセニーは、「last train home」 がたまらん好きです。

  3. 土佐さん、昨日はリバーフォーラムでお会いできて嬉しかったです!お急ぎの所呼び止めてしまい申し訳ございませんでした。
    パットメセニー、僕も思い出は筑波時代、徹夜で課題をしているときにJWAVEから流れてくるジョン川平ナビゲーションのLastTrainです!
    あれからもう20年経つのですね、、、
    その間日本の特に若者世代の閉塞感は拭われないまま、今こそ明和電気のナンセンスさが求められているのではないかと思います。
    久しぶりに土佐さんトークを聞くことが出来て希望と元気をもらいました!
    ますますのご活躍をお祈りしています。
    たまに関西でも製品発表会開催してくださいね。

  4. 私も昨日ライブを観ていて、自動演奏装置を見ながら「明和電機みたいだなぁ」と思っていたところでした。
    社長もご覧になっていたんですね!

  5. 土佐くん、ご無沙汰しております。kana@jazz研です。
    今日の感動的な対面、おめでとうございます。もらい泣きしそうです。
    オーケストリオンが出たときに「ついにメセニーが明和電気になったか!?」と興奮しました。まさかメセニー本人とご対面されるとは!うるうるうる。
    オタマトーンは子供たちに好評です。では陰ながら応援しちょります。

  6. kanaさんからこのページを教えて頂きました。Rika@jazz研です。
    土佐さん、やぱり、いらしてたんですねー。Hiru-chanと昨晩見に行ってました~。感動さめやらず、です。ツーショットうらやましい!

  7. はじめまして。
    メセニーとのツーショットびっくりです。
    羨ましいかぎりです。
    1年前「メカ楽器」は昭和電気が開発しているという噂が流れ、
    僕もその噂をブログで流していました(デマでしたが)
    でも、社長が参加していると信じていましたよ!
    今年、またパットメセニーグループが活動するという情報です。
    オタマトーンを使ってくれると面白いんだけどな〜!
    では、頑張って今後ともご活躍を!!
    twitter neme @foojii

  8. 初めてコメントいたします。わたくしも12日のライヴに参りました。あまりの素晴らしさに言葉を失っていました。
    (Still Lifeの1曲目「Minuano」は、ブラジル南部/ウルグエイに吹く冷たい土地風で、私もこの曲を聴くたびに
    >筑波の原野の吹きっさらす風の中で胸をはっていた。
    まさにこんな、強い風を体に受けながら何か平原の遠くを見ているような風景を心に描いてきました。^^ )
    メセニーという方は、ミニマルがとても重要な要素ではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。