ナンセンスオモチャ研究所 2010

Photo

明和電機のアトリエにて、今年も「ナンセンスオモチャ研究所(オモケン)」が開催されました。これは発想から実制作まで、とにかく2日間で「おかしな製品」を開発する、というものです。

11名の研究員のみなさんが参加、夕方5時に終了のはずが、10時半という延長戦にもかからず、最後までがんばりました。えらい!

毎回思うことは、「人間は本来、創造的にできている」ということです。まったくモノ作りなんて本格的にやったことがないみなさんが、僕もビックリするようなアイデアを形にしていくんですから。

人間はみんな、「おかしな妄想」をして毎日生きている。ただ、それを現実化する環境とか、時間とか、方法論を知らないだけ。もしそれが与えられたら、人間は誰もがクリエーターになれる。これは信念ではなく、僕にとっては「現実」です。

生命というものは、あらゆるナンセンスなチャレンジを行い、水の中から雲の上に進出していきました。たくさんのバリエーション、ユニークな生態を獲得したいった根本は「創造性=生命力」であり、人間もまた、その生命の一員なので、その機能を持っています。

オモケンをやると、その生命力の元気をいっつも感じて、僕はうれしくなります。

さてさて、今回の研究員のみなさんが、どんなナンセンスな製品を開発したのか?
現在、YOUTUBEへの発表にむけて編集中です。おたのしみに!!

ナンセンスオモチャ研究所 2010” への1件のコメント

  1. 参加者の一人です。
    「方法論を与えられたら、人は誰でもクリエイターになれる」と書いてらっしゃいますが、私達が最後までやり遂げることができたのは、それ以上に、社長という「最高の観客」がいたからです。
    たとえアイデアがあり、実現の方法を知っていたとしても、「何のためにやるの?」で躓いてしまいます。社長は私達が「つまんないかも」と躊躇しているような発想を引き出し、一緒に本気で面白がってくれます。その「喜んでくれる人がいる」という喜びで、作り手は動いていけるのです。
    オモ研のコンセプトの一つは「作り手と観客の交換」とおっしゃっていましたが、アーティストの情熱の源を感じることができた貴重な日々でした。本当にありがとうございました。
    参加を迷っている方、すごく大変ですが、めちゃくちゃ面白いですよ!!

11人いる! にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。