そこは幻想の国 ラメ~ル! ボイスメカニクスin島根

 

島根の雲南市でボイスメカニクスのライブ。

 

「今回の島根のライブ会場、やばいっす」とは、マネージャーのタイチ氏から事前に聞いてはいたが、現実に目の当たりにして驚愕。

「な、なんだ!この田んぼの中に忽然と現れる、メルヘンな建物は!」

20111022_155012

Rimg0018_2

この建物の名前は「ラメール」。フランス語で海。なんでも雲南市は霧が多く、山の上から見ると海にうかぶ町のように見えるからだとか。・・・なんて幻想的なんだ。

Rimg0327

Rimg0382

Rimg0391

 

さて、このおとぎの城で一日目はライブではなくて「チワワ笛」のワークショップ。過去最高の50人の子供たちと手作りチワワ笛を作りました。雲南市の子供たちは、はさみの使い方がうまくてびっくり。東京ででチワワ笛のワークショップをすると、はさが使えない子がいたりして、「はさみワークショップ」をまずやらなあかんかったりします。

_dsc0178

Rimg0078

_dsc0195

 

明和電機のライブツアーも今回が4会場目。ひとつ前の高知ライブで、だいぶん段取りがうまくなったので、さらに今回は練習を重ねてパワーアップ。

 

雲南市にはむかしから「明和電器」という有名な会社があり、会場の問い合わせにも「あの明和電器さんが、イベントをされるんですか?」という、社内演芸大会と勘違いされてる方がいらっしゃったらしいです。現在は「明和」と社名を変えた雲南市の明和さん、なんとライブの後援もしていただいたそうで、ありがとうございまいた!

その明和効果かどうかわかりませんが、会場には小さい子供(赤ちゃん!)から、おじいちゃん、おばあちゃんまで、幅広い層の御客さま来場。もう村祭りにやってきた旅芸人状態で、やんやと盛り上がりました。グッズの売り上げも半端なく、「幸運なんです、雲南です(雲南市のキャッチコピー)」が頭の中をぐるぐる回りました。

 

4回目のライブとあって、やっと進行に社長も工員も慣れてきました。びしびしと楽器も人間も動くようになり、「ああ、この緊張感を東京ライブでも再現したかった・・・」と思いました。

 

ライブツアーというのは、やっぱり船の航海のようだと思います。今回はボロボロ状態で出向しましたが、各地の港につくたびに修理、訓練を重ねて、ようやく島根でベストコンデュションにもっていくことができた気がします。へなちょこだった新人工員さんたちも、みるみるたくましくなっていき、心強いです。やっぱり旅は人を強くしますね。

Rimg0167

物販も売れましたねー。

 

撤収作業もますます磨きがかかり、一時間で楽器はほぼ梱包完了。二時間後には福岡に向けて出発しました。すばらしい!

さあ、次はふたたび海を越えて福岡へ。イカリをあげよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこは幻想の国 ラメ~ル! ボイスメカニクスin島根” への4件のコメント

  1. 初めてライブを見ました。社長に心奪われました。あの日から明和電機の虜です。また島根に来て下さい☆

  2. ラスト1台だったピンクオタマトーン買いました!確かに物販ものすごい人でした。
    ライブは最高でした!社長さんも工員Aさんもかっこよかったです。また来てくださいー!

  3. 先日は大変遠いところ、ラメールまでお越し下さり、
    本当にありがとうございました。
    明和電機さんのライブ、実現して本当によかった、と心から思いました。会場内に入ってみると、ほぼ全員スタンディングで大盛り上がりだったのには、びっくりしました(笑)そして一気にこちらも楽しくなってしまいました。
    ワークショップ、サイン会、と沢山のサービスをありがとうございました。本当にお世話になりました。
    またぜひ、ラメールにお越しください☆

  4. 先日は大変遠いところ、ラメールまでお越し下さり、
    本当にありがとうございました。
    明和電機さんのライブ、実現して本当によかった、と心から思いました。会場内に入ってみると、ほぼ全員スタンディングで大盛り上がりだったのには、びっくりしました(笑)そして一気にこちらも楽しくなってしまいました。
    ワークショップ、サイン会、と沢山のサービスをありがとうございました。本当にお世話になりました。
    またぜひ、ラメールにお越しください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。