呪いの伝染

僕は、海外に旅行にいくと、かならずトラブルにあいます。僕の中で「トラベル」と「トラブル」はまったくおなじ意味です。

明和電機は上海で大型の展覧会を行っていたんですが、その期間中もさまざなトラブルがありました。

まず、設営で上海へ向かうとき、羽田空港で財布をすられました。空港のキャッシュディスペンサーでお金を引き出すところから、目をつけられてたようです。いざ、飛行機に乗ろうというところで、財布がないことに気がつきました。

「ゼロからのスタート」。

無一文でいきなり人生ゲームが始まってしもた気分でしたね。おまけに、上海の空港についたとたん、スマホを地面に落として破壊。中国という異国で、「お金」と「情報」を失った不安たるや・・・目隠しをされてライオンのオリに落とされたコアラの気分でした。

さらには上海は、40年ぶりの寒波で、マイナス4度。雪降ってるんですよ。雪が。「金と情報」を失ったコアラには、これは骨身にしみる寒さでしたね。

さらには、ごはん食べてたら、奥歯が「ガリ!」っていきなり抜けました。「金と情報と奥歯」を失ったコアラは、なにを食べればいいのでしょう?

さらには、日本へ立つ最終日、ホテルに戻ったら、スズメが一羽、スーツケースの横に死んでました。・・・あんた、どっから入ったん?「金と情報と奥歯」を失ったコアラの主食は、スズメってことですか?

そんな大混乱の設営作業を終えて、日本にいったん帰国しました。

で、先週、今度は展覧会の片付けのため、再び上海へいったわけです。「お金」と「情報」、そして歯医者で治療した「奥歯」を携えて。

ところがですね、まったくトラブルがない。あまりにトラブルがないので、不安になるくらいトラブルがない。「やった!これは僕が持っていた“呪い”が落ちたんだ!」と大喜びしてたんです。

そしたら、いつもは沈着冷静な新人工員のHくんがいきなり展覧会場で「ケータイがない!ケータイがない!」と騒ぎ始めました。鞄の中をコアラみたいにほじくっている。結局は、ケータイを会場の別な場所に置いてたことがわかって、一見落着。「いやあ、工員H、びっくりさせるなよー、あっはははー」とみんなで笑いました。

しかしですね、その日、上海の繁華街にみんなで観光に出かけたんですが、そこでもまた、新人工員のHくんが、こんどは「財布がない!財布がない!」と騒ぎ始めた。自分のコートの中のポケットをコアラみたいにほじくってる。

結局、財布は、ホテルに置いてきたことが判明して一件落着だったんです。でも、いつもは冷静で、人からもらった食べものには毒消しをふりかけて食べる新人工員のHくんが、一日のうちに、そのような異常な行動を起こすのは、どーもおかしい。

まあ、一度ならうっかりさんですが、二回も連続してあるとなると、これはもう

 

「呪い」

 

です。

さらには「呪い」は、これでは終わりません。帰国のために空港について、いざ搭乗口にならんで乗ろうとした瞬間、今度はベテラン工員のNくんが「財布がない!財布がない!」と騒ぎ始めたんですね。

「こ、こ、これは・・・・呪いの伝染や!」

社長の不幸が、どんどん広がってる。もう、頭の中がくらくらしましたね。まるでゾンビ映画のように、この空港にいる人たち全員がそのうち「財布がない~ 財布がない~」と、天に腕を伸ばしてながら、叫びだすのではないか?とさえ思いました。

すぐにベテラン工員のNくん、各方面に電話で確認したところ、展覧会場に忘れてきたことが判明し、なんとか一件落着だったんですが・・・もう、いろいろ自分が怖くなる上海の旅でした。

(そんな社長ですが、全くノートラブルだったかというと・・実はやってはいけない大ミスを犯してしまいました。それについては、次回にて!)

 

houkokushow2016-318x450 (1)

 

「明和電機事業報告ショー 2016」

◎日時:2016年4月22日(金)  開場18:30/ 開演19:00

◎場所:スクエア荏原ひらつかホール (荏原平塚総合区民会館)
(〒142-0063品川区荏原4-5-28)
※東急目黒線 武蔵小山 徒歩10分 /東急池上線 戸越銀座 徒歩10分

◎入場料金(全席指定):前売¥2,500 / 当日¥3,000
 ☆チケット一般発売中☆

◎チケット取り扱い
チケットよしもと

【インターネット予約】
チケットよしもと http://yoshimoto.funity.jp/

【電話予約・お問い合わせ】
チケットよしもと予約問い合わせダイヤル
TEL:0570-550-100

自動音声でのご予約にはYコードの入力が必要です。

Yコード:103744

 

■明和電機ジャーナル 11号

明和電機の上海での展覧会、「明和電機 超常識機械(ナンセンスマシーン)展を

知りたい方はこちら!展覧会のすべてを収めた「明和電機ジャーナル11号」

 

jarnal 11

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。