黒い封筒

_small

 

今月の21日から行う、初の明和電機アトリ工での展示会、
「WAHHA GO GO 開発ドローイング展」
のチラシと封筒が刷り上った。

デザインは、筑波大学の後輩で、グラフィックデザイナーの
久保悟氏(THIS WAY)。
このちらし、ネットではその質感をお伝えできませんが、

「黒い紙に、黒とシルバーのインク」

のみで刷ってるのです。
メチャメチャ凝ってる。その懲りようが、印刷費にも跳ね返って、
目が飛び出るほどのびっくりした。(出したことはないが)

_small_2

さて、
印刷の凝りようを、久保氏が説明してくれるのだが、
何回聞いてもわからない。

黒い紙に、黒いインク
黒い紙に、シルバーのインク
黒い紙に、シルバーをのせてから黒いインク
黒い紙に、黒いインクを載せてからシルバーのインク

というパターンを、ひたすら組みあわせているそうです。

明和電機も凝り性なら、  久保氏も凝り性です。

Photo

封筒も、黒い紙にシルバーインク。

ちょっと秘密結社っぽい、このDM。

数に限りがございますので、もしお手元に届いた方は、
ぜひぜひ、その印刷の懲りようの細部を見てくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です