ボイスメカニクス ライブ台本公開!

明和電機ボイスメカニクス2010にご来場いただきまして、まことにありがとうございました。久しぶりの国内単独ライブ、新ネタをおりまぜての2時間あまり、お楽しみいただけましたでしょうか?

では!社長が今回のライブのイメージを固めるために描いたスケッチをいくつか紹介します!

とにかく明和電機のライブは段取りが多く、シーンが複雑なので、こういうイメージスケッチを描かないと、頭の中が大混乱するんですね。

Photo_3

これはオープンニングの経理のヲノさんの朗々としたオルガン。天使飛んでます。

Photo_4

オタマトーンで、ワンノートサンバ。かわいい楽器をくそまじめに男たちが演奏するのがおかしいなあ、と。

Photo

ヲノさん、クワクボくんと、トリオTHEツクバ。本ネタがわかる人は少なくなってきてるだろうなあ。

Photo_5

今回のライブでもっとも客がひいたであろう、社長のフォーク「カナリヤ」。声の装置の紹介コーナーのトップで自分の声を披露。こわ。

Photo_6

サバオコーナー。「怪談」って・・・・

Photo_7

ロボットが登場するエーデルワイス。実はこのロボット、某テレビ番組で作ったもの。その収録は来年一月に放映されます。お楽しみに!

Baribari

さて、こうしたスケッチたちを描いてイメージを固めたら、進行台本の制作です。これは明和電機スタッフ、そして劇場のスタッフ、音響さん、照明さんなど、とにかくみなさんに進行をイメージしてもらうために重要なもの。

全ページを見たい方はこちら>>_1217.pdfをダウンロード

この台本を作りながら、モノの出し入れがこんがらがってないか?とかシュミレーションもしました。なんだか、チェスを打ってる気分になります。

本番ではとにかくマシンのトラブルが続き、段取りも止まり、ドキドキでした。しかしそこは、明和電機のライブの修羅場をくぐってきた工員さん、すばらしいエンジニアのクワクボくん、明和楽器のマニピュレートの達人・ヲノさんらの漢によって、なんとか切り抜けることができました。ありがとうございます!毎回!ちびりそうな状況ですいません!

でも、このスリリングがライブの醍醐味。しばらくすると、またやりたくなるんだよなあ・・・・。
実験。冒険。エキサイティング。





でた!オタマトーンiPhoneアプリにメロディ機能!!

007_merody_blue

オタマトーンのiPhoneアプリがあるのですが、これまでご購入いただいた方から、

「おもしろいけど、演奏方法がむずかしい!」

というご指摘を多数いただきました。たしかにその通り。加速度センサーの傾きで音程を変えるという演奏方法は、リアル版オタマトーンも含め、最高の難易度です。そこで前回のバージョンアップでは、「ふきだしチューナー」という、音程の名前(ドレミファ)を表示する機能をつけました。するとみなさまからのご感想。

「前よりは、音がとりやすくなった。でも・・・・やっぱむずかしい!」

わーた!分かりましたよ!オタマアプリ開発チーム、こうなったら誰でも弾けるモードも作ってりまおうと決起しました。で、誰でも弾けるといえば、リアル版「オタマトーンメロディ」。まったく同じ機能をiPhone版でも再現しました!

005_melodylist

プリセットの楽曲も、リアル版とまったく同じ。世界の名曲11曲。もちろん「きよしこの夜」も「第九」も入ってますから、宴会の席でもウケますよ。

こだわりと言ってはなんですが、本体を振るとオタマトーンの顔がぷるぷる震え、しかも声にビブラートがかかる!これができるだけで、いっきに演奏が本格的になります!

008_settings

さらに、これまで「ホワイト」と「ブラック」しかなかった色に、「ピンク、ブルー、イエロー」の三つの色が加わりました。カラフル!

これだけのバージョンアップが無料で行えます。タダです、タダ。持ってるかたは今すぐアップデート!そして持ってない方は、350円のボタンをクリック!

001_title

説明動画はこちらです!




めちゃくちゃ感情を込めて、オタマトーンメロディを弾いてみた

Photo



「ギタリストってすごいなあ」って思いますよね。あんな難しい楽器を気持ちよさそうに弾けてうらやましい。でもね、なぜあんなに弾けるかというと、若いメチャクチャ練習してたからです。思春期のぽかーんと空いてたムダな時間を、友達がマクドナルドでだべってた時間を、ほとんどギターのスケール練習や早弾き練習に使ってるから、あんなにうまい。朝から晩までアホみたいに練習してるんですわ、ギタリストは。だから、大人になって、「ああ、ギター弾きたい」って思っても無理なんです。だって大人はアホみたいに練習する時間がないもの。そこにあるのは「テクニック」の長い階段。

「でも、弾きたいんだよう、楽器を弾いてみたいんだよう!」

という駄々っ子なアナタに朗報です。オタマトーンメロディなら、楽器のド素人でも、「なんだか演奏してる!」という気分になれます。まずは下の動画をごらんください。

この動画は、「めちゃくちゃ感情を込めてオタマトーンメロディを弾いてみた」ものです。オタマトーンメロディにはすでに11曲の世界の名曲が入っていて、ボタンを押すことでワンステップずつ曲が進むので、誰でも簡単に演奏ができるのです。僕のお気に入りは、「エリーゼのために」。だって、あの曲、ピアノで弾くのむずかしいけど、オタマトーンメロディだと簡単に弾けますからね。

Photo_2

「テクニックの階段」もなんだかすっとばして頂上にきた気分になれます。自分の中の聴衆からの声援に酔いしれることができます。いいきぶんですよー。みなさんもオタマトーンメロディを買ってやてみてください。「めちゃくちゃ感情を入れて演奏」。

一人で演奏も楽しいですが、グループ演奏も楽しいです。これからの季節「きよしこの夜」とか「第九」も入ってますから、パーティーや、クリスマスプレゼントにもぴったりですよ~




ライブに向けて、準備中!

高校時代の友人の実話である。
彼が商店街を歩いていたら、突然、ヤンキーにからまれそうだ。「お前、なんて名前だ!」とすごまれ、これは本名を言ったらまずいと思った彼は、とっさに喫茶店のドアの「準備中」の札を見て、「ワ、ワ、ワタシの名前は、ジュン・ビチュウあるよ」と言ったそうだ。

のっけからまったく関係のない話をしてしまいましたが、明和電機は現在、12月19日の「ボイスメカニクス」ライブに向けて、準備中です!


Cimg0029

Cimg0028

今回のリハーサルは、明和電機のアトリエにステージを組んで行っています。昨日の月曜日は、出演メンバーのみなさん全員そろって、楽曲の練習をしました。やってみると、いろいろ改善点がみつかりますねー。


Cimg0034

それをふまえて、現在進行の洗い直し。とにかく明和電機のライブは見せる製品が多く、段取りが複雑。一つ間違うと、混雑した居酒屋みたいに大混乱するので、できるだけ単純に人とモノの流れをよく考えなければなりません。出演やスタッフのみなさんに共通認識してもらうには、スケッチが一番!


Cimg0026

Cimg0025

並行して、ライブで使用するマシンの整備も進行中。冷静に考えればくだんない機械をいろいろ作っていますが、まさにこれは「テクノロジーの無駄遣い」ですね。

とにかく本場に向けて、できるかぎりの準備をおこなうぞ!












安藤裕子さんのライブにオタマトーンジャンボ!

Photo

昨晩は、東京国際フォーラムに安藤裕子さんのライブを見に行きました。でっかいホールですが、満員御礼。すごい人気ですねー。広い会場ですが、まるでシャーマンのような歌声で会場を包んでいました。

実は以前からコンサートでオタマトーンを使っていただいおりまして、今回はツアーのファイナルということでしょうか、「オタマトーンジャンボを貸してください」というオファーがありました。僕としてはプロもミュージシャンに使っていただくことはとても光栄なこと。喜んで!でお渡ししました。コンサートの冒頭で、

「今回のライブはリハーサルから気合が入ってます!気合入りすぎて、おでこを打って出血しました。みなさーん!見えますかあ~傷う~」

というトークがありました。すごい気合です。

で、コンサートの中盤、くるりの「ワールズエンド・スーパーノヴァ」のカバーが始まりました。ドラムがいい!やや低音系にチューニングしたセットをスパンスパン叩いてて、いかす!そのリズム隊に、安藤さんの鳥の鳴き声のようなシャーマンな歌声が重なってかっこいいなあ・・・と思ってたら、いきなりがオタマトーンジャンボが登場!そして安藤さん、エレキギターのようにぶんぶん振り回す!ぎょええええ!きったあああ!

もーね、参観日に子供を見に来た親の気分ですよ。実は今年、同じ会場で、「ゆず」さんが明和電機の「トントンくん」と「パンチくん」を演奏してるんですね。安藤さんと同じように使っていただきました。しかし!構造ミスから、肝心のパンチlくんの首が飛ばないというアクシデントがあり、背筋が凍る経験をしたんです。エンジニアとして失格です!なので、今回も「こわれるなー!こわれるなー!」と祈りました。

興奮のうちに2時間を越えるライブはあっという間に終了。関係者のみロビーにて安藤さんと面会できるということで、うかがいました。

Photo_2

列にならび、緊張のままお会いしまして、せっかくなんでオタマトーンメロディ(ピンク)を渡しました。安藤さん、しばらく「エリーゼのために」を演奏してたんですが、ふと顔をあげて

「そうそう、リハーサルで、オタマトーンジャンボで、おでこを怪我したんです。」

と。
ぎゃあああああ!!犯人は自社製品かああああ!

えー、私が想像するに、ライブで安藤さん、オタマトーンジャンボの尻尾をグルングルン回していましたから、おそらく、それがおでこに激突したのではないかと(上図)。あくまでも想像です。

ほんとすいません!そしてファンのみなさん、すいません!

これを反省材料とし、激突しても痛くない仕様に改良したいと思います。
大変申し訳ありませんでした!




オタマトーン・メロディ 発売開始!!

Xmas_

いよいよ、オタマトーンメロディの発売が始まりました!!

オタマトーンを触って、「うーん演奏がむずかしい」と思った方、このメロディーならだれでも簡単に演奏できます。世界の名曲が11曲はいっており、シッポのボタンを押すと、曲がワンステップずつ進みます。あとはお口をぱくぱくさせれば、おお!演奏できてる!百聞は一見にしかずなので、まずは下の演奏動画をごらんください。


ね。簡単でしょ。
インストールされている曲はこんな感じです。

1  かえるの合唱
2  グリーンスリーブス
3  アイネクライネナハトムジーク 
4  大きな古時計 
5  きらきら星 
6  静かな湖畔 
7  エリーゼのために 
8  結婚行進曲 
9  きよしこの夜 
10 第九 
11 蛍の光

パーティーなどで盛り上がる曲が満載。とくにこの年末にかけて、「きよしこの夜」と「第九」はばっちし。飲みの席でポケットから出して一曲演奏すれば、注目度大。グループで演奏しても楽しいですよー。

また、オタマトーンよりもかなり小さいので、カバンにチャームのようにぶら下げることができます。これはかわいいっす!

Cimg2517

Cimg2526

もーね、4色全部ぶらさげたいね。じゃらじゃらと、ギャルみたいにね。あなたのカバンにもぜひ一つ。

クリスマスプレゼントにお悩みの方はぜひどうぞ。もらってうれしいトイ楽器ですよ~