お店は「お見せ」

「土佐君、明和電機って、メディアアーティストなの?」

などの、過激なツイットで有名な八谷くんから、

(お店が) 売り場も維持しつつお客さんにも安くて、作り手にも還元可能、
 ってのを全部満たすのは大変だよね。

という意見をいただいた。そうなんですよねー。

ネットでオタマトーンを買うと、確かに安い。アマゾンなんて、どうして
そんな値段がつけれるの?と首をかしげたくなる。

「町の小さなオモチャ屋さんが、こうした流通に立ち向かうのは大変・・・・」

という話になりがちだが、そうでもないぞ、勝ち目はあるぞ、という点もある。

Photo

説明のために、ちょっと話を整理します。

僕らが商品を手に入れるプロセスを大雑把に分類すると

KNOW・・・・商品を知る

PAY・・・・・・お金を払う

GET・・・・・・商品を手に入れる

という三段階です。

ネット通販のプロセスを見ると、

1 買う人は、テレビや雑誌、ネットで、商品の情報を知ります(KNOW)。

2 そして、ケータイやPCで、ぽちっと注文します(PAY)。

3 すると、宅配便などが商品を届けてくれます(GET)。

です。

このプロセスでは、KNOWからPAYは、あっというまです。

しかしお金をはらってから商品を手にいれるまでが、長い。

今回オタマトーンは、品薄で人によっては、一ヶ月かかりました。

Photo_2

では、一番短く「KNOW 、PAY 、GET」 の過程が起こるのは何かというと、

「お店での 衝動買い」

しかありません。

欲しいと思ったときに、間髪いれずに買っていただく。

これは、絶対にネット通販ではできないことです。

そして何より、世の中にはまだまだPCで商品を買わないひとが

たくさんいます。そのひとたちをどう魅了するか。

そのためには、お店のイメージ、店員のプレゼンテーション、ポップなど、

とにかくその商品が一番よりよく見える演出が必要です。

それが「お店」の本来の意味、「商品を お見せ する」だと思います。

 

たんなる商品を陳列してるだけのお店は、ネットの中とかわらないので、

安価なネットの方を消費者はポチッてしまいます。

20091228184634

さて。

わたくし、明和電機社長は、もって生まれたサービス精神のおかげで、
どうすれば、オタマトーンがよく見えるかを、知っております。
なので、たぶん、僕がリヤカーでオタマトーンを演奏しながら
売り歩くのが、一番売れるんじゃないか!と思うわけです。

しかし、それはやりません。なぜか。

暇がないから。それもベストアンサー。

でももうひとつの答えは、売っていただくことで、
僕も食えていけるし、売っていただいたみなさんも収益があるからです。
モノが売れる、というのは、それだけかかわった人たちが食える、
ということ。

マスプロをやるときには、そのことをよおーく考えなければいけない、

といつも思います。


しずかな東京

いよいよ年末ですね。

今日はたまった原稿を片付けるために、タリーズへ。数少ない、電源が使えるカフェです。

今はちょうどGoogleとタイアップしてて、30分だけ無線LANも使えます。ラッキー。

これから年末年始にかけて、東京から人が減っていき、ビジネス街などは、まるでSF映画で人類が消滅したシーンのようになる。

東京が田舎のように静かになる。この時期が一番好きだ。

忙しくて没頭できなかかった思考へのダイビングができるから。

沈思黙考。

今年は得に「ビンボーゆすりと創造性」と、「明和電機のマスプロ芸術」のニ冊の本を仕上げたい。別に出版が決まっていりわけではないけれど、自分の思考にパイルを打っておきたいから。
















メリークリスマス!!

Otamaxmas

というわけでクリスマスイブ。

メリークリスマス!

今年はオタマトーンのおかげで、クリスマスソングをたくさん演奏しました。

YouTube: silent nignt  otamatone  <きよしこの夜 オタマトーン>

最初はこれね。

オタマトーンのひとり二重奏。ギターもひいたから三重奏か。

衣装は100円ショップのフェルト製サンタ服

帽子とあわせて200円。・・・・フェルト代より安い。

オタマトーン聖歌隊ね。

かわいかったね。

YouTube: オタマトーンで「聖しこの夜」by明和電機社長@ハンズ渋谷店

東急ハンズ渋谷店で、飛び込み演奏。

これがきっかけで、昨日のハンズのスペシャルライブに

つながりました。

今日は何人の方が、オタマトーンできよしこの夜を演奏してるんでしょう。

メリークリスマス!


オタマトーンと竹トンボ <ディレクターズカット版>

昨日のブログ。ケータイから打ったので、イラストが入っていませんでした。

イラスト入りで、改行など再編集したものをアップします。いわばディレクターズカット版です。

昨日のブログと比較してお楽しみください。

Photo

今日は東急ハンズ渋谷店で、

オタマトーンのスペシャルライブとサイン会をやってきました。

漢字二文字で描くと、

「営業」

です。

午後1時と3時の2回公演の予定が、反響があり、

急遽「5時」の追加公演が決定。外タレみたいでした。

売れましたねー、オタマトーン。今日だけで140本ほど売れたそうです。

うし!ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

Photo_2

さて、「営業」といえば、学生時代、横浜の戸塚で、

高級味噌の訪問販売のバイトをしたことがあります。

夏休みの短期バイトだったんですが、これがつらかった。

まず、真夏に味噌汁なんて、みんな飲もうと思わない。

さらに味噌だから重い。一軒一軒運んで汗だく。

でも1番しんどかったのは、

「はたして、この商品はホントにいいものなのか?」

という疑問があったことです。

それがあるかぎり、自分の行動が詐欺になる。その矛盾がつらかった。

その点、オタマトーンの営業は楽ですねー。

自分が開発して、キューブさんが完璧に量産化してくれて、

「いいに決まってる」もの。いいから作ったんだもの。

どう使えば魅力がでるかもわかってますし。

Photo_3

例えるなら、

自分で竹を削って作った「竹とんぼ」を飛ばして見せて、売ってるようなものです。

ところが、一般的には、明和電機がやってることのほうが特殊。

家電メーカーの社長さんが、

「今度作った液晶テレビ、ほんま綺麗に写るんですわ!買ってや」

とCMにでてこない。

芸術家のゴッホは

「この絵、絵の具を混ぜないで、チューブから直接塗っとるんですわ。

きれいでっしゃろ。買って」

と言わない。

なんで社長で芸術家の土佐信道は、それをヌケヌケとできるかというと、

電気メーカーといいながら、じつは個人事業主だし、

芸術家といいながら、そのプライドがないからです。

(作った作品にはプライドがあります)

た゛から自分で作ったものを人に見せて、買って!と言える。

さらに明和電機のやり方に追い風なのは、

ブログやYOUTUBEのような個人発信ツールの進歩が、

「モノを、売って、暮らす」という、

原始的なシンプルな生き方を強化してくれつつあることです。

今回の渋谷ハンズのイベントプロモーションだって、

実質の告知は、ホームページとツイッターだけ。

これが十年前だと、雑誌への掲載、ラジオやテレビへの出演交渉などしないと、

多くの人につたわらなかった。

もしかしたらこれからは、大企業の社長さんも、

広告代理店に膨大な広告料を払うよりも、

「うちの商品、ホンマにすごいんですわ!」

というほうがきくかもです。

・・・あ。ジョブスがやってるか。


オタマトーンと竹トンボ   

 

今日は東急ハンズ渋谷店で、オタマトーンのスペシャルライブとサイン会をやってきました。

漢字二文字で描くと、「営業」
です。

午後1時と3時の2回公演の予定が、反響があり、急遽「5時」の追加公演が決定。外タレみたいでした。売れましたねー、オタマトーン。今日だけで140本ほど売れたそうです。うし!ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

さて、「営業」といえば、学生時代、横浜の戸塚で、高級味噌の訪問販売のバイトをしたことがあります。夏休みの短期バイトだったんですが、これがつらかった。まず、真夏に味噌汁なんて、みんな飲もうと思わない。さらに味噌だから重い。一軒一軒運んで汗だく。

でも1番しんどかったのは、「はたして、この商品はホントにいいものなのか?」という疑問があったことです。それがあるかぎり、自分の行動が詐欺になる。その矛盾がつらかった。

その点、オタマトーンの営業は楽ですねー。自分が開発して、キューブさんが完璧に量産化してくれて、「いいに決まってる」もの。いいから作ったんだもの。どう使えば魅力がでるかもわかってますし。

例えるなら、自分で竹を削って作った「竹とんぼ」を飛ばして見せて、売ってるようなものです。ところが、一般的には、明和電機がやってることのほうが特殊。

家電メーカーの社長さんが、「今度作った液晶テレビ、ほんま綺麗に写るんですわ!買ってや」とCMにでてこない。

芸術家のゴッホは「この絵、絵の具を混ぜないで、チューブから直接塗っとるんですわ。きれいでっしゃろ。買って」と言わない。

なんで社長で芸術家の土佐信道は、それをヌケヌケとできるかというと、電気メーカーといいながら、じつは個人事業主だし、芸術家といいながら、そのプライドがないからです。

た゛から自分で作ったものを人に見せて、買って!と言える。さらに明和電機のやり方に追い風なのは、ブログやYOUTUBEのような個人発信ツールの進歩が、「モノを、売って、暮らす」という、原始的なシンプルな生き方を強化してくれつつあることです。

今回の渋谷ハンズのイベントプロモーションだって、実質の告知は、ホームページとツイッターだけ。これが十年前だと、雑誌への掲載、ラジオやテレビへの出演交渉などしないと、多くの人につたわらなかった。

もしかしたらこれからは、大企業の社長さんも、広告代理店に膨大な広告料を払うよりも、「うちの商品、ホンマにすごいんですわ!」というほうがきくかもです。

・・・あ。ジョブスがやってるか。

YOUTUBE という ストロー

Video_awards2009

YOUTUBEの、今年のオモシロ映像を決定する

「YOUTUBE VIDEOAWARDS 2009」の音楽部門に、オタマトーンの動画が

ノミネートされました!わーい!

ほかのノミネート作品も、面白いものばかり。

どこか素人っぽさとか、荒削りさとかあって、

YOUTUBE独特の生々しいオモシロさがあります。

このオモシロさについて、ちょっと考えてみた。

Photo

のっけからたとえ話になりますが、、「ミックスジュース」と、「ストロー」と、「少年」を

それぞれ 「芸術」「メディア」「観客」だとします。

        

Photo_6

ミックスジュースをほっとくと、上の方が「すんだジュース」になって、

したほうは果物のカスとかも混じった「にごったジュース」になります。

上の方の「すんだジュース」は、ハイカルチャーな芸術、

下の方の「にごったジュース」はローカルチャーな芸術だとします。

ハイカルチャーな芸術は、「A級」なので、ART。

ローカルチャーな芸術は「B級」なのでBRT、と呼ぶことにします。

 

Photo_2

むかしむかし、メディアというものが発達していなかった時代。

高価なストローは、王様のもの。

そしてそれはとても短かった。

だから、上の方の「すんだジュース」、

つまり 「ART=ハイカルチャーな

芸術」 しか飲めなかった。(つーか、飲まなかった)

一番古いストローは、たとえば「教会」。

王様が飲んだ ART のおこぼれを、庶民はいただいてました。

 

Photo_3

しかし複製技術が発達し、安価に大量伝達ができるようになると、

ストローの長さはどんどん伸びました。

そしていままで、飲むことができなかった、

ローカルチャーな芸術=BRT も、コストをかけずに飲めるように

なりました。

これがね。飲んでみたら、「すんだジュース」とちがう、別なうまさがあったんです。

 

Photo_4

これまで、芸術をハイカルチャーとローカルチャーにわけて

説明してきましたが、間違ってはいけないのが、

「ハイ、ロー」という区別と、「おもしろい、おもしろくない」は、別であるということです。

話がちょっと飛びますが、パリに「書簡美術館」というのがあります。

ここには、歴史上の有名人のメモ書きがたくさん展示してあります。

デカルトとか、アインシュタインとか。

それらのメモは、いわばゴミなわけです。

「今日は八百屋にいって、トマトを買った」

みたいなことが書いてあるだけですから。

Brtです、Brt。ローカルチャー。

だけど、見てると面白いんですねー。

その人の人格が滲み出してるというか、なまなましいというか。

たまたまデカルトがえらかったから、そのゴミを保管するための膨大なコストを、

フランス市民が税金で立て替えただけのこと。

もし、そのコストがぐん!と下がれば、一般市民のゴミ(=Brt)だって保管できる。

そしてその中には、面白いものを含まれている。

そういう現象が、ブログや、フリッカーでおきているわけです。

そしてそこには、これまで吸い上げることができなかった、

膨大な量の芸術資源(ただしBrt)が埋まっているわけです。

 

Photo_5

 

インターネットの登場、デジタルメディアの価格低下、通信技術の高速化など、

技術進歩は、どんどんストローを長く、太く、そして大量に生み出していくでしょう。

YOUTUBEのような、あたらしいメディアは、まさしく「あなたのストロー」として、

そうしたBrtを掘り出してくれると思います。

この現象のことを、プロフェッショナルな芸術家もよくよく考えなければならない。

手前味噌ですが、「NOVMICHI SKETCHBOOK」という、僕のスケッチを公開・販売

するサイトを作ったのは、そんな思いからです。

Sketch_hp

 

むかしだったら、ストローがないから、これらのスケッチ、公開できませんでしたから。


 

ひさびさ 兄ちゃんと製品デモ <イーアスつくば>

Rimg0019

日曜日は、つくばにある巨大ショッピングモール、「イーアスつくば」で
ラジオの公開収録をしてきました。

明和電機はビジュアル系なので、ラジオで聞いても、さっぱりオモシロさが
つたわらないのではないか・・・・とみなさんお思いでしょうが、違うんですねー。

逆です。伝わらない分、聞いている人は逆に想像力をふくらませるから、
面白いんです。当人にとってはそれがすごくリアルになる。
ラジオで通販のショッピングをやって成功するのはそのため。見ないでも人は買う!

さて、つくばのライブ、ひさしぶりに兄・正道と、パチモク&コイビート。
あうんやね。

Rimg0029

お客さんは、満員御礼。
明和電機は、こういうオープンスペースの製品デモ、得意です。

Rimg0074

そしてなんと、今回はコーラス隊が!
まるでナッパーズや!

この演奏をバックに、兄・正道、山下達郎の「クリスマス・イブ」を熱唱。

味わい深かったなあ。
ちなみにこの日のために正道、前日はカラオケで自主連しておりました。

「でんなあ・・・高音が・・・」

と言ってました。

「山がないから、いろいろ途中に芸をはさもう思うたけど、ムリやな・・・」

とも言ってました。

はさまんでもよろしい。

Rimg0132

このイーアスつくばには、サイバーダインのロボットミュージアムがありまして。
おじゃましました。

ロボットスーツを着る社長。
気ぐるみ、得意です。

つくばのデモは、オタマトーンのプロモーションでもありました。
たくさんの方に買っていただき、ありがとうございました。

さて!
次は水曜の東急ハンズのサイン会です
なにしたろーかなー。ふふふ。


/>

明和電機 忘年会2009

明和電機の忘年会は、毎年アトリエで行います。

ステージを作ってライブをやり、

炊き出しをして料理を作ります。

この準備に前日2日、そして後片付け一日かかります。

つまり、忘年会をするために4日つぶれます。

今年一年間、お世話になったみなさんに、

手当たり次第にお声をかけるんですが、

今年は120人ぐらい来たのではないでしょうか?

満員御礼でした。

プログラマー、エンジニア、科学者、ジャーナリスト

マスコミ、アパレル、おもちゃ、ミュージシャン、映画監督

女優、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、

漫画家、芸術家、モデル、学生、プー、子供

みたいなみなさんが大集合します。

異業種交流会です。

この、ジャンルを超えたぐちゃぐちゃ加減がいいんですね。

普段会わない人と話をすると、使っていない頭のチャンネルが

開きます。新しいアイデアも生まれます。

(たまにカップルも生まれます)

そして、明和電機にとってのメリットは、

アトリエにたくさんの人が来て、どんちゃんさわぎすると、

そのオーラというか、パワーというか、残像が、アトリエに残って、

なんだか活性化することです。

酒と料理とごみでぐちゃぐちゃに汚れたアトリエを

きれいさっぱりと片付けると、

なんだか人によって清められたようで、

よし、今年も終わり、よー働いた、来年もよろしく!

という気分になります。

発明の神さまも、心地よく迎え入れることができます。

これは、祭に近いんでしょうね。

さて!

明日は、つくば。

ひさしぶりに、明和電機発祥の地でイベントです。

—————————————————

IBS茨城放送マンスリースペシャル

イーアスつくば THE LIVE! スペシャルゲスト「明和電機」

日時: 12月20日(日)
12:00 ~ 12:30
場所:1F センターコート

—————————————————

衝撃!! 社長が自分が作った製品で、マジに感電する動画

まずはこの動画を見て欲しい。

明和電機社長が、自分の作った製品で、マジ感電するところをとらえた

貴重な動画である。

ここに写っている製品名は 「ギタジェット」。

学研大人の科学の今月のふろくであるエレキギターを

改造したものである。

それにしても

ふろくがエレキギターって、すごくない?

3675円で、買えちゃうんだよ?

Photo_3

で、学研さんからの記事の発注をうけ、

そのエレキギターを改造しました。

ギターのピックに電気を流し、弦をはじくと通電して

電磁石がスプレーをプッシュして、ガスを出す!

というものです。

ガスは、いわゆるパソコンなどのホコリを飛ばすスプレー。

このスプレー、さかさまにして発射すると、白い霧を噴霧するんです。

面白いんだわー。

で、それを調子にのって引いてたら、たぶん漏電かアースが落ちたんでしょ、

おもいっきり100V感電しました。射たいわー。

でも、最近、感電するのも職業がら慣れてきました。

感電した瞬間、

「あ、今のは電圧低かったから95ボルト・・・」

とか、わかるようになってきた。いわば、これだ、

Photo_4

てんぷら屋が、煮えたぎる油の温度を、指で測るのと同じだ。

そんな境地に、僕も到達したのだ。

・・・ウソです。感電は死んでします。よい子はマネしないように。

というわけで、ただいま絶賛発売中の大人の科学「エレキギター特集」。

布袋が表紙です。

社長もロックしてます。(いわゆる、アレね)

ぜひぜひ、お買いもとめください!

Photo

オタマ餅

Photo

今日は年賀状のための素材つくり。

どんな絵にするか、いろいろ考えたが、

どう考えてもオタマトーンの鏡餅しかない。

そして文面も、これしかない。

「明けまして オメデトーン」

ちょっと迷うのは、「明けまして オタマトーン」

も捨てがたい、ということだ。

この場合、どんなロゴデザインにするか?で

結論が出る。

いわゆるパッケージのカタカナロゴをもじって

「オメデトーン」を作れば、これに決まりだ。

もし筆文字でいくなら、「オタマトーン」もありだ。

どっちにするかは、悩み中。

さて、この絵を形にするのに困ったのが植物のシダ。

花屋で売ってるかな?と思ったら、クリスマスシーズンなので、

正月用はまだ出回ってないらしい。

うわーん、困ったああ、っと悩んでいたが、

そうだ、こんなときこそツイッターだ!とひらめき、

「シダ売ってるところ教えてくれなう」

とつぶやいたところ、

「四谷で見たなう」

と返信があり、

「いってみるなう。買ってみるなう」

ということで、工員さんが武蔵小山から四谷へ飛んでいって、

ゲットしてきました。

(上の会話の「なう」の使い方はまちがいです。「なり」と混同しています。)

そして出来上がった画像がこちら

Otama01

まだ切り抜いたばっかりの写真ですが

これから Photoshop で 高須クリニックばりに修正して

いきます。

ちなみに年賀状は、「電協」(注1)のみなさん だけ に送ります。

明和電機からの年賀状がほしいかたは、今すぐ

「電協」に入会しましょう。

注1

「電協」とは、明和電機協同組合を略したもの。

ぶっちゃけファンクラブ。15年の歴史を持つ。

明和電機発行のマニアックな新聞「電協ジャーナル」が、

20世紀のメディア、郵便で送られてきます。