明和電機 – Maywa Denki

Monthly Archives: 2月 2019

第3期 ラジオスーパー応募要項



第3期ラジオスーパー応募要項


募集期間
5月8日から5月14日まで
募集要項(別紙)に必要事項を記入し、メールもしくは郵送にてご提出ください。

・ラジオスーパー  応募要項はこちら
・ラジオスーパー  利用規約はこちら
・ラジオスーパー   申込書はこちら
・ラジオスーパー 商品説明書はこちら

応募商品の条件
① 電気や機械的なしくみを使った、ユニークな商品(=ラジカルなオブジェ)であること。
② 「①」に関する材料、部品、コンテンツ(本や映像、音など)であること。
③ 明るく和やか

応募審査
上記の条件を満たしているか、ラジオスーパーのコンセプトに沿っているかなど応募書類を審査し、5月16日までに出品のご連絡をいたします。

【応募用紙のお送り先】
1.メールで送る
送り先:mail@maywadenki.com
件名に「ラジオスーパー応募係」と明記ください。

2.郵送する
〒142-0063 東京都品川区荏原3-7-14 アルス武蔵小山1F 明和電機宛

概要

基本情報
開店時間:10:00~19:00 火曜定休日
〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目10-11
東京ラジオデパート内 2階

ラジオスーパーの代行業務
・店舗でのレジ業務
・売上、在庫数報告(週1回)
・お客さまへの商品の基本的な説明
・売上お支払い(4週間ごとに精算し、お振込)

商品の置き方

商品の販売方法はふたつあります。Aパターンは、「初期費用としてレンタル料のお支払い」で「販売手数料はなし」です。
また、Bパターンは「初期費用はなし」で、「販売手数料は売れた商品の販売価格の30%」です。

Aパターン

・初期費用は、棚のレンタル料のみです。販売手数料は発生しません(注1)。
・レンタル期間の単位は「4週間」です。上図の価格は、4週間分になります。
・レンタル棚は、棚の高さによって「5,000円」「15,000円」「20,000円」になります。
・ショールームとしての利用も可能です。また、グループでのレンタル、複数棚のレンタルも可能です。
・在庫スペースも若干ですがご用意しています。
・商品棚の横方向の展示場所はラジオスーパー側で決定します。ご了承ください。

注1 4週間の売上が10万円を超えた場合、超えた分の売上の10%を販売手数料をいただきます。

Bパターン

・初期費用はかかりません。売れた場合、販売手数料を販売価格の30%いただきます。
・レンタル期間の単位は「4週間」です。
・レンタル最長期間は「8週間」です。
・商品の最大サイズは、約30cm×30cm×30cmです。
・販売を行わない「ショールーム」としての利用はできません。
・棚の展示場所はラジオスーパー側で決定します。ご了承ください。

応募が受理されたら
■A棚の場合
5月24日までにレンタル代金をお振込みください。
発送の場合5月24日~28日の間に商品をラジオスーパーまで納品してください。
持込の場合5月27日19時から搬入ください。
■B棚の場合
発送の場合5月24日~27日の間に商品をラジオスーパーまで納品してください。
持込の場合5月27日19時から搬入ください。

お問合せ:mail@maywadenki.com
※お電話での問合せは受け付けておりません。

社長ブログ、更新しました。> https://www.maywadenki.com/blog/

明和電機、秋葉原に進出


「明和電機 秋葉原店」「ラジオスーパー」「ラジオギャラリー」オープン!



2019年3月30日、東京・秋葉原にある老舗の電気部品販売のビル「ラジオデパート」の2階に、明和電機初のとなる公式ショップ「明和電機 秋葉原店」をオープンします。

「アートからマスプロダクトへ」をテーマに、ここでしか手に入らないナンセンスマシーンなどのアートから、大ヒット商品のオタマトーンのようなプロダクトまで、明和電機のすべてがを取り揃えます。小さいけれど、ナンセンスな商品がぎっしりつまったお店です。

また、「明和電機 秋葉原店」のとなりには、明和電機プロデュースによるレンタルスペース「ラジオスーパー」をオープンします。「ラジオ」という言葉を「ラジカル(急進的かつ根源的)なオブジェ」と再解釈し、電気や機械のしくみをつかったユニークな商品を制作するクリエーターのみなさんが出店します。

■第2期ラジオスーパー出店者■(アイウエオ順 敬称略)
伊藤尚未 / 伊豆見香苗  / オカモトラボ /  おばけパズル / ギャル電 / ㈱キューブ / キンミライガッキ / 現代美術二等兵 / スイッチサイエンス / タカハ機工㈱ / ㈱タカラトミーアーツ / デイリーポータルZ / 土佐正道(明和電機会長) / 株式会社人間 / バイバイワールド / Hana道場 / パンタグラフ / 藤原麻里菜 / マタタビ屋 / メテオエレクトロニクス /レポートホンの極み屋 / Good Job! センター香芝 / Gottfried Haider / Line-us / necobit / Qux / ㈱TASKO / ThousanDIY
出店者詳細はこちらから>https://www.maywadenki.com/news/radiosuper1st/



明和電機 秋葉原店」に併設される「ラジオギャラリー」では、「パチモク&コイビート展」を開催します。指パッチンで木魚を鳴らす楽器「パチモク」と、昔なつかしのナショナルのスイッチのシーケンサー「コイビート」というふたつの楽器は、1993年の明和電機の出発点の年に開発され、明和電機のスタイルを社会に深く印象づけました。このふたつの楽器の歴史としくみに迫ります。

「明和電機 秋葉原店」「ラジオスーパー」「ラジオギャラリー」の3つのスペースにご期待ください。

名称:「明和電機 秋葉原店」 「ラジオスーパー」 「ラジオギャラリー」
場所:東京ラジオデパート2階(〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目10-11 )
開店時間:10:00~19:00 火曜定休日
お問い合わせ:mail@maywadenki.com

社長ブログ、更新しました。> https://www.maywadenki.com/blog/

■明和電機プロフィール
土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表している。
音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、大規模展覧会を成功させた。デビュー25周年となる2018年は大分、長崎で個展を開催した。2019年3月30日「明和電機 秋葉原店」をオープンする。

※プレスの皆様、下記資料、画像など掲載の際にお使いください。また、掲載いただける際は事前、事後どちらかのタイミングでご連絡いただけますと幸いです。
お問合せ:mail@maywadenki.com もしくは 03-5749-2271
担当:大西

【資料】
・ラジオスーパー  応募要項はこちら
・ラジオスーパー  利用規約はこちら
・ラジオスーパー   申込書はこちら
・ラジオスーパー 商品説明書はこちら

【画像】

・明和電機 アーティスト写真


・ラジオデパート写真







・3つのロゴ


・店舗イメージイラスト


・明和電機 秋葉原店 イメージイラスト

・ラジオギャラリー

FNN PRIME ONLINE


“昭和アイテム”が脚光? 117とわざわざダイヤルする「時報式腕時計」がレトロかわいい!

 

公開日:2019年02月03日(日)11:30~
掲載元:FNN PRIME ONLINE
掲載URL:https://www.fnn.jp/posts/00417750HDK