オーストリアに到着

アルスエレクトロニカのため、オーストリアに到着しました。

空港から書き込んでます。

アルスエレクトロニカは、国際的なメディアアートのフェスティバルで、

2003年に、明和電機は、インタラクティブアート部門で、準グランプリを

頂きました。

Photo_2

 

ことしは明和電機でもかつて工員さんとして大活躍した鈴木ユーリ君が受賞!!

やったね!

明日から、いろいろとイベントをレポートしていきたいと思います。

ではでは!

乗り継ぎの飛行機に乗ります!

急げ!!

工場直売!という 実験

Photo

本日、無事に「明和電機 WAHHA GO GO 開発スケッチ展」

を終了することができました。最後のトークショーも、雨の中、たくさんの方に

ご来場いただき、ありがとうございました。

スケッチは20枚も売れました!!やった!!

購入していただいたみなさま、ありがとうございます!

今回は、実験をしました

①「工場直売」ということで、中間業者を通さず、絵を売る

②告知は「手紙、ちらし、ネット」という、自己発信のメディアを活用

です。

これは、いままでの明和電機の商売からすると、かなりちがっています。

16

上図は、明和電機の商売を、図にしたものです。

明和電機の特長は、

「作品は売らず、そのアイデアをもとに、
 外部メーカーと組んで大量の

 マスプロダクト

 を作り、

 それを、外部のプロモーション会社と組んで

 マスプロモーション

 していく」

という点にあります。

マスプロダクトにマスプロモーション。ふたつあわせて「マスプロ」が

明和電機の特長です。つまり、マスプロ芸術家なのです。

14

それに対し、上図は、一般的な芸術家です。

画商さんが、芸術家から作品をあずかり、額をつけ、画廊にかざり、

付加価値をつけて、コレクターに売っていくという図です。

明和電機は、のっけから、この方法をとってきませんでした。

美術の流通ということに対して、アバンギャルドになってみようと思ったからです。

13

上図は、さらにシンプルな、芸術の流通の図です。

芸術家が、自分が作ったものを、自分のアトリエに人を呼んで買ってもらう。

これはまさに、「鯛焼き屋さん」といっしょです。

このシンプルな流通を、今回「開発ドローイング展」ではやってみました。

なぜこれが今回できたか?というと

やはり、インターネットの情報配信のおかげです。

明和電機がデビューした15年前には、こんなダイレクトなメディアは存在

しませんでした。

本当に面白い時代になってきました。

芸術家の商売の仕方も、どんどん変わっていくでしょう。

1

そのあたりを明和電機なりに分析して、「マスプロ芸術」について本にしたら

おもしろかろう・・・・と思い、表紙だけ作ってみました。

いつか出版したいですね。

骨展、アトリエスケッチ展、いよいよ明日 千秋楽!!

 

Photo

本日は、しっかりシラフでブログを書かさせていただきます。
昨日は、失礼しました。

さて、いよいよ明日は、骨展およびアトリエ展の最終日です。

土曜日ということもあり、今日はたくさんの方がアトリエにご来場いただきました。

これまで、明和電機のアトリ工は、オープンにしていませんでした。
いわば秘密基地。なので、今回、地元の方で、近所に明和電機の作業場が
あったことを始めて知った方が多いのです。

そういうみなさんが、チャリにのって、アトリ工にいらっしゃるのが
面白い。ジャスコに買い物にきたみたいに。

さて、明日は、6時からトークショーを行います。
酒、持ち込み可!です。

お暇な方はぜひ

「骨展」

をごらんになった後、アトリ工にご来場ください!!!
























ブログの敵、それは 酒。

Wahha_sketch_002

スケッチ展で、夜で、風がきもちよくて、外で飲んだら、酔った。

だいたいねー、飲酒運転ってあるじゃん。

あれといっしょっでねー、酒飲んだら、ブログ、書けんでしょ。

だいたい、キーボードのボタン数、おおすぎるっしょ。

酔っ払いには。

酔ったよ。すきっ腹にビール飲んだら。ぐらぐらですよ。

でもがんばって、ブログ書いてるんすよ。

イラストもね。線画でかんべんですよ。

コピックで、色、塗る、無理っす。

線で囲まれた中、酔っ払いが色を塗るの

むりっす!

むりっす!

むりっす!

むりっす!

あーーーーーーー、ループにはいってもた。

すんません。

これぐらいにさせてください。

ボタン多いの無理っす。

キーボード。

よっぱらいには。

社長、スケッチを熱く語るトークショー、緊急決定!!

Photo

スケッチ展の会場にいると、いろんな人に、

「このスケッチは、どういう気持ちのときに描いたのですか?」

という質問をよく受けます。

たしかに102枚の開発スケッチは、時間軸にならんだ絵巻物なので、

その中にこめられた、モノ作りの熱きドラマを、みなさん知りたいのでしょう。

わーった。

わかりましたよ。

社長の心の熱き思いを、語りますよ。

どんだけ、このマシンを作るのに、どろどろの思い入れがあったか、

もーね、男心で語らせてもらいますよ。

ということでございまして、アトリエ開発スケッチ展の最終日、イベントやります。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

タイトル「明和電機社長、 WAHHA GO GO のスケッチを、熱く語たる!!」

日時 8月30日 PM6:00~
場所 明和電機 アトリエ 

*酒、持ち込み可!! というか、酔ってからくるよーに。
 武蔵小山にはいい店あり

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 わたくし社長、次の日からオーストリアへ飛び立ちます。

二日酔い覚悟で!

三歳児に、スケッチを酷評される、社長

Photo

明和電機  WAHHA GO GO 開発スケッチ展も、今日で、ちょうど折り返し地点。

いろんな人がアトリエにいらっしゃいます。

そんな中で、僕の絵を明確に批評してくださった、三歳児がいました。

YouTube: ちびっ子絵の批評

すごいな。

僕に見えてないものが、彼には見えているのだろう。

子供は面白いな。

子供と向き合うとき、いつも 「負けないよ」と、闘争心が燃えるのはなぜか。

自分が子供レベルだからか?

このちびっ子、お母さんと、いろんなアートを見てまわっているそうです。

ブログはこちら

いい趣味ですねー。

おまけ。

WAHHA GO GO  のモノマネをしてくれました。
















たて軸とよこ軸

芸術家は、年齢ごとに、表現を変えていきます。
ピカソであれば、青の時代や古典の時代など。
明和電機では、それは、魚器やツクバといった、シリーズになります。
ただし、明和の場合、シリーズのカテゴライズが、がっちりしてるので、ピカソのように、スタイルが時間にそって、たて軸につながるのではなく、並列に横軸に並んでいきます。
まるで、皿回し師が、皿を増やしていくように、作業は増えていくので、大変です。
昨晩のイベントでは、そのカテゴライズの壁を越えて、声というテーマで、たて軸でズドンと、自分が作ったものを眺めてみました。
以外と、新しいと思っていた作品イメージが、実は以前に登場してたり。
発見がいろいろ。
スケッチをすべてデジタルデータにできたから可能になった考察でした。
次は、Edelweissで、やってみたです。

やってもた。ブリリア「A4サイズの脳」。

今日はブリリア・ショートショートシアター「A4サイズの脳」のイベントでした。

たくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。

演者としては、最近、予定調和になりがちな明和電機のイベントを
崩すことができた点は、よかったのですが、

観客のみなさま、とりわけ、始めて明和電機のイベントを見た方には、
わけがからないものになってしまったことを反省しています。

人は演出されたものに感動をするので、そこへ向かうべきだったのですが、
どこかで、土佐信道のいつもの、バランスをとろうとする感覚に
反発が出てしまいました。

「そんな個人的な葛藤、ショーの前に終わらせとけよ」

という話なのですが、本番まで持ち込んでしまいました。
大変申し訳ありません。

次回のイベントでは、今日の反省をふまえ、より面白い構造を作りたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

 

商品のネーミングって、ほんと、大事です

「明和電機さんの作るものの名前って、おもしろいですね」

とよく言われます。

もーね。

そこは、練りに練ります。

よく公募展とか見にいくと、作品で、「無題」というのがあります。

「なんで作品名をつけないんですか?」

って質問すると、

「わたしは作品で勝負している。作品を見てもらえばすべて伝わる。
 名前も、作品を縛るので、あえて無題とした。それが誠実なのだ。」

とか答えたりする人がいる。

こらこらー。ちゃうでしょう。
誠実なのは、

「作品と等価の言葉を、私たちの生きている世界の中から見つけてあげること」

でしょう。
言葉は少なすぎても、多すぎてもいけない。
ぴったりの言葉をみつけてあげる努力をする。
それが、自分が作った作品に対する、誠実さだと思います。

だって、自分の子供に「無題」ってつけないでしょ!!

で、オタマトーンの話。

このネーミングは、かなり悩みました。

最初に「オタマ」という名前がぴったり!ということになったんですが、

すでに、商標をとられて、使えないことが判明。

さあ、こまった。

Wahha_sketch_042

それで、別案をいろいろ考えました。
「オンプー」「オタマジャクソン(これは、やばかった)」「プーニー」とか。

で、その中で、一瞬、これだ!と自分の中で決まりかけたのが、

Wahha_sketch_041

「オターマ」。

アメリカ市場をねらうなら、これしかないだろうと。

上図は、南アフリカに向かう飛行機の中で描いたスケッチです。

ぜんぜん似てないな、オバマさん。

でも、帰国して調べたら、「オターマ」も、商標をとっている「オタマ」に
似ているので、ひっかかるらしい。

さあこまった、とおもったときに、素直にひらめいたのが、

「オタマトーン」

エレクトーンのノリですね。

意外に、気がつかなかった、ほんと、素直な名前です。

大切なものは、案外身近にある、ということ発見した、ネーミングでした。